最先端のSEO対策をして、集客力を劇的にアップする方法

TSUBOLOG坪井一真です。


今回の記事ではSEOを用いた集客の方法についてお伝えさせていただきますね。まずは本題に入る前に、SEOについての正しい定義からお話ししていきましょう。



SEOとは”Search Engine Optimization”の略称で、検索エンジンを最適化するという意味になります。ようするに、検索エンジンで上位に表示させるための様々な取り組みのことをSEOといいます。

 

SEOは検索エンジンのAIが発達するにつれ、とても簡単になってきました。その理由は、『検索者のニーズを満たされるコンテンツを作成』した人が正しく評価されるようになってきたからです。



けれども、いまだに多くの人はAIが発達する前の旧時代的なSEO対策しかできていません。だからこそ、いまあなたが正しいSEO対策を身に着けることが出来れば、SEO集客においてはブルーオーシャンを手に入れることが出来るのです。



ただし、SEOについての正しい認識を知らないと、どんなに最先端のやり方を理解したところで実践できないため、まずはSEOについての正しい知識からお伝えさせていただきますね。



重要
テクニックを今すぐ必要とされている方は【目次】から【正しい集客サイトの作り方】のリンクを押していただくとちゃちゃっとSEOのノウハウを習得できます。



SEOの知識を身につけたい方はまずは動画をご覧ください。


 

実はかんたんなSEO

実は簡単なSEO



SEOといったら


  • 難しそう
  • 敷居が高そう
  • 理解できない




このように感じている人が多いのが現状です。たしかに、一昔前のSEOは僕もそう感じていました。それは、検索エンジンのAIが発達していなかったためです。



そのため、SEOの判断基準が


  • 文章を最低3000字、多ければ多いほど評価が高い
  • 文章の中に、検索キーワードを1~5%ほど入れる
  • 検索キーワードは太字にする

 

このように、人に対してというよりも、検索エンジンに正しく理解してもらうために記事を書き続けていく必要があったのです。



ちなみに下の画像は僕が5年ほど前に作成した70万回ダウンロードされた記事の一例です。






当時はこのように検索エンジンに認めてもらうために、記事の全文にわたりキーワードの『話し方』をこれみよがしに入れていました。



きっとあなたもこのようなブログをご覧になったことがあるのではないでしょうか?



結論からいうと、このブログの書き方はもはや過去の遺物です。その理由は、人ではなく、検索エンジンに向けて書いているからです。



冒頭でお伝えしたように、現在の検索エンジンは『検索者のニーズを満たされるコンテンツを作成』することを重要視しているからです。



AIの発達によって検索エンジンは『誰に向けて書いているか?』を人間と同じく、読み取れるようになったのです。



けれども、SEO対策といったらいまだにほとんどの人が旧時代のSEO対策しか出来ていないのが実態です。

 


いまだに検索エンジンで何かを検索しても、このような記事が上位に来るため、SEO対策をしている人たちは間違った対策をし続けてしまっているのです。



このような記事が上位にくるのは、SEO対策が出来ているからではありません。



全体的に正しくSEO対策をわかっている人がほとんどいないため、結果として上位表示されているにすぎないのです。

 

よって、正しくSEO対策さえすれば、多くの記事をごぼう抜きに出来てしまうのです。正しいSEO対策さえすれば、あなたが書いた記事が検索エンジンでどんどんとトップを取っていくのは簡単なのです。



ながの
ということは検索者の人に満足してもらえるような記事を作るのが一番のSEO対策ってこと?



KAZUMA
そう。本当にたったそれだけなんだ。難しいキーワード設定をする必要も、無駄に長い文章を書き続ける必要もないんだ。『検索者の人が満足する記事を書く。』たったこれだけなんだ。



ながの
なんか私にもできそうじゃない?



KAZUMA
ぜんぜん出来ちゃうよー。次からは正しい集客サイトを作るうえで意識しておいてほしいポイントがあるからぜひ学びを深めてね。



ながの
はーい。

正しい集客サイトの作り方

正しい集客サイトをつくっている所



この章では、正しい集客サイトの作り方についてお伝えさせていただきますね。



  1. あなたのテーマをひとつに絞る
  2. ワードプレスでメディアをつくる
  3. 検索者の悩みを解決するわかりやすい記事を書く


実はたったこれだけなんです。



実際に僕が月間30万人が訪れる心理サイトを作成した手順も、あなたが検索で見つけてくれたこのTSUBOLOGもSEOに関してこれしか対策をしていないのです。



ゴリゴリ検索ワードを入れたり、機会に向けてわかりにくい文章を書くなんていう全時代のSEOは一切やっていません。



でも、検索上位に表示されてこのようにあなたと出会うことが出来ているのです。それこそがSEOの力なのです。



この力を味方につけるには正しい方法を身に着けるだけでいいのです。



それでは、それぞれの流れを具体的にお伝えしていきますね。これからの流れを見終わったら、あなたにはSEOの正しい知識が身についていることでしょう。



1.あなたのテーマをひとつに絞る

SEOで集客対策をするのであれば、あなたがネット上にて伝えるメッセージはひとつに絞るべきです。



その理由は、検索エンジンは専門性の高いサイトであればあるほど、そのサイトを優遇していくからです。一方、テーマが分散されればされるほどそのサイトの評価を落としていくのです。




僕は現在、コーチとしての心理学系のサイトと、集客コンサルタントとしての集客系のサイトを分けています。



もしも、これらのサイトをひとつにして運営していたら、検索エンジンからはごった煮ブログと判断されて多くのキーワードで上位に表示されることは難しくなってしまうでしょう。



あなたもきちんと自分の専門分野をひとつに絞って専門性の高いサイトを作ることをおすすめします。それだけで検索エンジンからの評価はけた違いになっていきますので。



2.ワードプレスでメディアを作る





あなたはSEOというとホームぺージ対策を考えてしまっているのではないでしょうか?



結論からいいますと、ホームぺージはSEOには不向きな媒体です。



理由はホームぺージとは自社の情報を伝えていく媒体だからです。



ここで、SEOについてもう一度おさらいさせていたただきますね。


SEOで最も大切なこととは『検索者のニーズを満たされるコンテンツを作成』を作成することです。



自社の情報を伝えていくことがメインのホームページではSEO対策がもともと困難なのです。



一方、ブログのように検索者のニーズを解決していくことを目的とした媒体はSEO対策にもっともあう媒体なのです。



よって、ネットでの集客はブログや有料広告で集客をした人たちに対して、ホームぺージを紹介していくという流れになります。ホームぺージ集客の具体的な内容は下記の記事にてお伝えしておりますので、併せてご覧ください。



なぜ、ブログの中でもワードプレスがいかにSEOとして優れているかに関しては、下記の記事に書かせていただきました。



また、ワードプレス導入のメリットデメリットについても具体的にお伝えしておりますので、こちらも併せてご覧いただければと思います。

専門分野が決まったらワードプレスであなたのメディアを作っていくことがSEO対策においてとても重要です。ワードプレスとそれ以外のブログでは埋められない壁がありますので、ぜひ、ワードプレスの導入を検討していただければと思います。



もちろん、当サイトもワードプレスを使用しております。

3.検索者の悩みを解決するわかりやすい記事を書く

ここまで、あなたの専門性を決め、ワードプレスを作っていくという事をお伝えさせていただきましたね。ここからようやくSEO対策のスタートラインです。



この情報を知っている人がほとんどいないため、いまだに下手なSEO対策が出回ってしまっているのです。



検索者の悩みを解決するわかりやすい記事を書くにはとにもかくにもリサーチが最重要です。ここでは正しいリサーチの方法をお伝えしていきます。



多くの人が感だけを頼って記事を書いているからこそ、あなたが正しいリサーチの方法を身に着けてしまえばそれだけで圧倒的な優位性を身に着けていくことが出来るようになります。



リサーチは大きく分けて下記の3つの流れからなりたちます。



  1. サイトのキーワードをキーワードプランナーで集める
  2. 専用ツールで詮索者のニーズを把握する
  3. ニーズに対しての記事をわかりやすく書く



1.サイトのキーワードをキーワードプランナーで集める

サイトのメインキーワードを決めるには、グーグルキーワードプランナーというグーグルの専用ツールを使う必要があります。



グーグルキーワードプランナーの登録方法については下記のサイトをご参照ください。



【2019版】キーワードプランナーの登録方法|無料で使うGoogle広告




では、これからはこのTSUBOLOGのサイト全体のテーマとなるキーワードの集め方についてお話させていただきます。






こちらにTSUBOLOGのサイトキーワードの『集客』と打ち込むと・・・





このような画面に切り替わります。






すると、このように集客のグーグルでの月間検索数や、集客のワードに関連したキーワード候補が出てきます。


※僕は有料で広告を出しているため、詳しい検索数が表示されますが、無料の場合は【100~1000】【1000~10000】などのように表示されます。



このように自分のメインテーマとするキーワードを把握して、検索者は何を求めているか?をつかんでいきます。






次にこの関連ワードをダウンロードしていきます。



すると、エクセルにキーワード候補がまとめられます。自分のサイトはどのような人たちに何を提供するか?を見極めていくことで、あなたのサイトの方向性がより明確になってきます。



ちなみに僕のブログはこのようにカテゴリ分けをしています。






ここで気を付けていただきたいのは、検索キーワードの数に惑わされずに、ニーズの高い検索キーワードを探していくことです。



たとえば、


『集客』というキーワードは4400件ありますが、そのキーワードが何を求めているのかはわかりません。


  • 集客という言葉について知りたいのか?
  • 集客のやり方なのか?
  • 集客のアイデアについて知りたいのか?




キーワードが抽象的過ぎて検索者の意図が分かりません。こういうキーワードでは検索者のニーズにあった記事は書けません。



一方、『ホームぺージ、集客、コツ』だったらどうでしょう?検索数は40しかありませんが、ドンピシャで答えを提示できる記事を書くのは難しくはありません。



たった、40ですが、このような記事はライバルも少なく、上位表示されやすいため、おすすめです。このような記事でコツコツと上位表示されることで、検索エンジンの評価は高まってくるのです。



評価が高まれば高まるほど、あなたの専門性の高いブログの記事はどんどんと上位表示されていく仕組みとなっているのです。



まずは、あなたのサイトのキーワードをキーワードプランナーで拾い上げていくことが重要なのです。

2.専用ツールで検索者のニーズを把握する

先ほどは、今後のブログで扱っていく全体のキーワードを集めていきました。ここからは集めたキーワードの中から、記事化していくキーワードを選択して記事を書いていきます。



その時に大切なのが、さらなるリサーチとなります。そのリサーチ方法は下記の3つです。


  • 専用ツールで関連の深いキーワードをさらにチェック
  • ヤフー知恵袋やツイッターで生の声をチェック
  • ライバルサイトのチェック




専用ツールで関連の深いキーワードをさらにチェック

グーグルやヤフーに検索ワードを入れると、検索候補がいくつか表示されますよね。



あれは、検索エンジンはこのキーワードならこういうワードが検索されやすいなとあらかじめ予測して出してくれるワードなのです。


それらのワードをサジェストといいます。


『ホームぺージ、集客、コツ』などあきらかに求められているものが明確なワードにはサジェストはありませんが、『ホームぺージ、集客』などで抽象度があがるとば、類似の候補を検索してくれます。





サジェスト検察ツールという無料ツールで『ホームぺージ、集客』を検索しました。



そうすると、このように候補が表示されます。




表示された多くはニーズのつかみやすい語句になっていますよね。



  • ホームぺージ 集客 セミナー
  • ホームぺージ 集客 デザイン
  • ホームぺージ 集客 効果



などなど




僕の場合はこれらのキーワードをもとに、どれかひとつに絞って記事を書き上げていきます。たとえ、グーグルキーワードプランナーで0検索だったとしても構わず記事を書き上げます。



理由はサジェスト検索ツールで表示されるという事は、過去にこれらのニーズで検索をした人がいるからです。




このように多くの人が狙っていない検索ワードを事前に書きつづけていくことが大きな資産に代わっていくのです。



抽象度の高いワードには何の価値もありません。なぜなら、ニーズに対しての答えを用意できないからです。それよりも、ニーズの高い記事を書いて、アンサーを提示していくことの方が何百倍も検索エンジンに評価されていくのです。



しかし、ほとんどの人は抽象度の高い、検索ワードばかりを狙ってしまって、結果として何を伝えたいかがわからない記事になってしまっています。



労力をかけている割に、結果が出ないない方は検索ワードの見直しをおすすめします。当然、リサーチをしっかりとかけていくことが前提です。



下記のサイトには僕も使用しているサジェスト検索ツールを含め、さまざまなサジェスト検索ツールが紹介されています。ご自身にあうツールを探されてみてください。



【キーワードツール】おすすめ&役立つ!目的別キーワードツール12選


ヤフー知恵袋やツイッターで生の声をチェック

サジェスト検索ツールは検索キーワードの類似語を見つけてくれるツールだと先ほどご説明させていただきました。



これはとても便利なのですが、僕は生の声もとても大切にしています。



例えば、ヤフー知恵袋



ホームぺージ集客で検索するとこのように表示されます。






これを見ると、ホームページで集客をしていきたい人は個人事業主でかつ、パソコンに詳しくないという人物像が見えてきます。



サジェスト検索ツールではこのようなリアルな悩みは見えてきません。そのため、ヤフー知恵袋やツイッターの検索を利用して、検索キーワードを調べていくと、よりリアルな声が拾えていくのです。



この考え方はとても重要です。


ライバルサイトのチェック

さいごに『ホームぺージ、集客、コツ』をグーグルで検索していきます。そうすると、このような画面が表示されます。



ライバルサイトのタイトルや記事をしっかりと把握し、ライバルサイトは検索者のニーズに対して何を伝えているのか?を明確に把握していくことが大切です。



この際、意識をしておいてほしいのですが、あまり人のサイトを見ると、似たような文章になってしまうため、検索エンジンからパクリだと判断されてしまう確率が高まります。



文章をまねるのではなく、あくまでリサーチの一環として、構成をざっと把握するだけにとどめていきましょう。



3.ニーズに対しての記事をわかりやすく書く

iPREPとは世の中で読まれやすい文章の方のことを指します。

  1. Interst(興味付け)
  2. Point(結論)
  3. Reason(理由)
  4. Example(具体例)
  5. Point(結論)

の頭文字をとったものです。

結論から伝えるため、
とても分かりやすいのが特徴です。

僕のホームページやブログ、
メルマガやLINE、動画の話し方などは
すべてこのiPREPで作っています。

とても汎用性の高い
ライティング方法ですので、
ぜひとも使いこなしって言っくださいね。

では、それぞれ具体的にお伝えさせていただきますね。

Interst(興味付け)

興味付けとはHPでいうとタイトルやキャッチコピーです。


僕のブログの場合は集客のツボ
TSUBOLOG


というタイトルのため、集客に興味のある方に対して有益な情報を伝えているということが伝えられるため、その情報を必要な属性の方にアプローチできるのです。



よって、あなたのクライアントの方が響くタイトルやキャッチコピーにしていくと反応率が格段にあがります。


また、記事を書く時のタイトルも該当します。


例えば、あなたがダイエット食品のホームぺージを持っていると仮定しましょう。



□ダイエットする方法

□【糖質無制限】アラフォー女性が食生活を変えずに3か月で5キロ痩せた方法



どちらのタイトルの方が対象の人は興味を惹かれるでしょうか?



答えは言わずもがなですね。



もう一度いいますが、興味付けをすることであなたの商品が欲しい人の反応率が格段にあがるのです。



Point(結論)

文章を書くときは結論から書くことで、要点がしっかりと読み手に伝わります。

現代ではネットでほとんどの情報が手に入るため、結論を先送りにしている文章はまったく読まれなくなっています。

結論はまず先!!ということです。



Reason(理由)

理由とは、はじめのPointで伝えたことに対しての理由です。


例えば僕のiPREP法の記事を参考にしていきますね。


Point
売れる文章はプレップ法で書く


Reason
なぜなら、結論から伝えてわかりやすいから


このようにPointのあとに理由を伝えるととても親切ですし、読み手としても納得していきますよね。


Example(具体例)

具体例とはお客様の声や、各種データ、僕のように構成を伝えたりして、
より詳細を伝えていきます。


あなたの経験や実際の使用体験なども具体例ですね。


あなたの伝えたいことを伝えていくパートです。

Point(結論)

さいごにもう一度、結論を伝えていくことで、読み手の理解はさらに深まります。

僕の記事で言えば、まとめでもう一度iPREP法の利点を伝えていくということですね。



例えばこのようにです。

 

 

 
まとめ 売れる集客用ホームページをつくるライティング方法

いかがでしたか?
iPREP法は?


  1. Interst(興味付け)
  2. Point(結論)
  3. Reason(理由)
  4. Example(具体例)
  5. Point(結論)

 

この順番で文章を書いていくと、誰に対してもわかりやすい文章が書けるので、ぜひこの書き方を覚えてくださいね。

まとめ

それではまとめに入らせていただきますね。


新時代のSEOで大切なことは検索者の意図を把握し、検索者のニーズを満たしていくことです。それこそが唯一絶対の道なのです。


そのためには、

  1. あなたのテーマをひとつに絞る
  2. ワードプレスでメディアをつくる
  3. 検索者の悩みを解決するわかりやすい記事を書く

 

この3つな流れを基にワードプレスにて、記事を作っていくことが何よりも重要です。


検索者の意図を把握し、ニーズを満たせば満たすほどあなたのサイトは検索エンジンから認められ、上位に表示されるようになってくるのです。


ほとんどの人が検索エンジンのAIが発達する前の前時代的なSEO対策しか出来ていません。前時代的とはかつての僕のようにコンピューターに向けて書いているような記事です。


だからこそ、まだ多くの人がSEOを勘違いしている今だからこそ、あなたがきちんと検索者の意図を把握し、ニーズを満たす記事を書いていくことが出来たら、確実に検索エンジンを味方につけていくことが出来るようになるのです。


今だからこそのチャンスなのです。ぜひ、正しいSEOのやり方を身に着けていただければと思います。

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は自分ブランド創造コーチとして第一線で活躍中。また、いまではオウンドメディアとユーチューブ集客の専門家として集客コンサルタントも兼任。
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)
□その他 Co-Active Leadership Program修了

『つぼろぐ』執筆者プロフィール

自分ブランド創造コーチ坪井一真。最強のビジネスツール『自分ブランド』を創り出すことでオンリーワンで人から求められる存在となる人材となる自分ブランド創造コーチングを提供している。また、オウンドメディア、ユーチューブ集客コンサルタントとして活動中。

米国CTI認定資格
Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
国際コーチ連盟認定資格
Associate Certified Coach(ACC)
その他
Co-Active Leadership Program修了


【マインド・コーチングの教科書】

期間限定公開

周囲や社会の目が気になり

いつからか、いつわりの自分を演じ続けるようになってしまったあなたへ

 

きずついた心を癒し、かがやきに満ちた

『ほんとうのあなたを取り戻す』方法に

興味はありませんか?

 

心も身体もエネルギーで満たされて、

あなた本来の魅力を発揮する

『マインド・コーチング』を本邦初公開

 

ありのままのあなたを解放し、本来の魅力を発揮する

『マインド・コーチングの教科書』

無料ビデオプログラム



メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です