ABOUTこの記事をかいた人

シードコミュニケーションズ代表取締役 坪井一真

起業時は集客できなく廃業寸前
1400万の貯金を1年で全て溶かす!ストレスで血反吐を吐き倒れる!
このままではやばいと一念発起し「差別化×ブログ×SNS」の仕組み作りに成功!
月間10万PV前後で月400リスト取得!
現在は「知識、実績、経験」ゼロからはじめるコーチ・コンサル型ブログ戦略を「つぼろぐ」で公開中

□国際コーチ連盟認定資格 Professional Certified Coach(PCC)
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□著書4冊

    今回の記事では複合キーワードについてお伝えさせて頂きますね。

    複合キーワードを制すものがSEOを制すといっても過言ではありません。

    今回の記事でお伝えするポイントです。

    • 複合キーワードとは?
    • 複合キーワードを調べるための必須ツールの使い方
    • 検索上位表示しやすい複合キーワードの見つけ方

    これらを理解していく事で、とても効果的なSEO対策となっていきます。
    また、複合キーワードはニッチなキーワードになるため、 読者のコンバージョンが10倍近く高くなるというデータ結果があります。

    広告のクリック率があがったり、メルマガの読者登録率があがったりといい事ずくめです。
    そんな複合キーワードについて次章からじっくりお話しさせていただきますね。

    今回の記事はSEO対策の記事となりますので、ブログの書き方について詳しく知りたい方は下記の記事をご参照下さい。
    ブログの書き方【決定版】検索上位表示を独占する3ステップ

    複合キーワードとは?

    複合キーワードとは主に「3つ以上の検索キーワード」からなるニッチな検索ワードの事を指します。

    下記は「SEO」というキーワードにおける複合キーワード一覧です。

    「SEO」というキーワードにおける複合キーワード一覧です。

    ほとんどのキーワードが月間検索数1000以下ですし、月間100に満たないキーワードもたくさんあります。

    このような複合キーワードを攻略していく事がSEO対策においてとても重要なのです。

    その理由を説明する前に下記の画像をご覧ください。

    ロングテールSEOの説明です。

    何万、何十万を超える検索キーワードは絶対的な数が少ないため、ライバルが多すぎるのです。
    ブログを初心者の方がいくら頑張って記事を書いても検索数の多いキーワードで上位表示をしていく事は困難です。

    一方、複合キーワードは人の悩みの数だけキーワードは存在しているため、キーワード数自体は少ないですが、その分ライバルが低くて上位表示されやすいのです。

    ポイント
    月間検索数10くらいの複合キーワードであっても、トップを取る記事を増やしていけば、グーグルからの評価はどんどんと向上していきます。
    ブログの評価が高くなっていく事で、より上位の検索キーワードでもトップを取っていく事が出来るようになっていくのです。

    複合キーワードを調べるための必須ツール

    この章では複合キーワードを見つけていくためのツールについてお伝えさせて頂きます。

    複合キーワードツール1.goodkeyword

    まず初めにご紹介させていただくのがサジェストキーワードツールのgoodkeywordです。

    サジェスト検索ツールとは、予測キーワードをさします。
    わかりやすく画像を交えながらお伝えさせて頂きますね。
    たとえば、「SEO」というワードを入力してみましょう。

    goodkeyword検索フォーム

    入力したら検索を押して行きます。

    サジェスト一覧表示

    するとこのように「SEO」のサジェストキーワードが表示されます。

    【表示されたキーワードをすべてコピー※重複キーワードは削除済み】を左クリック後、全体が青くなったら右クリックを押して下さい。

    右側にある【表示されたキーワードをすべてコピー※重複キーワードは削除済み】を左クリック後、全体が青くなったら右クリックを押して下さい。
    ここには重複されたキーワードが削除されたサジェストキーワードが表示されています。

    その後、あらたに画面が表示されますので、コピーを選択してください。

    その後、あらたに画面が表示されますので、コピーを選択してください。

    次にこれらコピーしたキーワードをGoogleキーワードプランナーに張り付けて、検索数を調べていく方法をお伝えしていきます。

    複合キーワードツール 2.Googleキーワードプランナー

    Googleキーワードプランナーとは、キーワードの詳細な数値を表示させていくグーグルが無料で提供しているツールです。
    検索キーワード数をリサーチするには必須のツールとなります。

    Googleキーワードプランナーは事前に登録をしている必要があります。
    登録がまだの方は下記のリンクに具体的な無料登録方法の手順をお伝えしていますので、ご覧くださいね。

    世界一わかりやすい!無料で出来るキーワードプランナーの登録方法

    Googleキーワードプランナーにおける複合キーワードの探し方には2種類の方法があります。

    1. 同一キーワードを調べる方法
    2. 複合キーワードを調べる方法

     

    それぞれ具体的にお伝えさせて頂きますね。

    1.Googleキーワードプランナーで同一キーワードを調べる方法

    同一キーワードとは例えば、「SEO」「SEO 対策」「SEO 対策 方法」などのように、同一のビッグキーワードから派生する複合キーワードを探していく方法です。

    下記の画面を表示していくまでの手順をお伝えしています。

    Googleキーワードプランナーの画面を表示して下さい。

    では、先ほどの関連記事で紹介した上記にあるGoogleキーワードプランナーの画面を表示して下さい。

    右側の【検索ボリュームと予測のデータを確認する】をクリックして下さい。

    右側の【検索ボリュームと予測のデータを確認する】をクリックして下さい。

    【検索ボリュームと予測のデータを確認する】

    すると、上記の画面に移行します。ここで先ほどのgoodkeywordでコピーしたサジェストキーワードを張り付けて行きます。

    サジェストキーワードの貼り付け

    このようにサジェストキーワードが貼り付けられました。

    サジェストキーワードの貼り付け

    張り付け終わったら【開始する】ボタンをクリックして下さい。

    サジェストキーワードの貼り付け

    すると赤字で1個のキーワードにエラーがありますと表示されました。

    一番下までスクロールしていくと、スペースを1つあけて「SEOチェキ!」というキーワードが表示されました。

    !や?、@や句読点などは Googleキーワードプランナーではしていません。
    除外ワードを削除するか、 エラーキーワードそのものを削除して下さい。

    サジェストキーワードの貼り付け

    検索キーワードを除外したら【開始する】ボタンをクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー過去の指標

    上記画面に移行後、【過去の指標】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー【月間平均検索ボリューム】

    画面が移行したら【月間平均検索ボリューム】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー【月間平均検索ボリューム】

    するとこのように検索順位の高い順からサジェストキーワードが表示されます。今回はSEOというビッグキーワードをサジェストしたので、サジェストの数もかなり多く表示されています。

    より、具体的なサジェストを検索していく事で、もっと幅を絞った複合キーワードを見つけていく事が出来るようになります。

    注意点
    Googleキーワードプランナーで有料の広告を使っていると、私のように具体的な数値が出てきますが、無料ブランの場合は「10~100」「100~1000」「1000~10000」などのように大まかな数値が表示されます。
    ただ、複合キーワードを探すのに支障はありませんのでご安心下さい。

    では、ここであなたに【問題】を出させて頂きますね。
    上記で表示されている「SEO 対策」のサジェストをgoodkeywordで検索後、Googleキーワードプランナーを使い複合キーワードの数値を出してみて下さい。

    ここまでの内容をご理解いただければ簡単に見つけていく事が出来ますので、ぜひ挑戦されてみて下さいね。

    それではこの問題の答え合わせをしていきましょう。

    goodkeyword検索フォーム

    「SEO対策」についてgoodkeywordでサジェストを見つけていきます。

    「SEO対策」と検索をする方法もありますが、今回は「SEO」というキーワードを検索して「SEO対策」のサジェストキーワードを見つけて行く方法をお伝えします。こちらの検索方法の方が後々応用が利くためです。

    goodkeyword検索フォーム

    先ほどのようにSEOのサジェストキーワードが表示されました。

    goodkeyword検索フォーム

    表示されたサジェストキーワード一覧の「SEO対策」をクリックして下さい。

    goodkeyword検索フォーム

    「SEO対策」のサジェスト一覧に切り替わります。
    右側にある【表示されたキーワードをすべてコピー※重複キーワードは削除済み】を左クリック後、全体が青くなったら右クリックを押して下さい。

    goodkeyword検索フォーム

    画面が表示されたら「コピー」をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    その後、Googleキーワードプランナーの画面を表示します。
    Googleキーワードプランナーの画面を表示する方法はこちら

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    右側の【検索ボリュームと予測のデータを確認する】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    すると、上記の画面に移行します。
    ここで先ほどのgoodkeywordでコピーしたサジェストキーワードを張り付けて行きます。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    その後、先ほどと同じように【開始する】ボタンをクリックします。
    すると、除外ワードが出てくるので削除して、【開始する】ボタンをクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    画面が移り変わったら【過去の指標】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    画面が切り替わったら【月間平均検索ボリューム】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    このようにGoogleキーワードプランナーでは同一キーワードを細分化して探していく事が出来ます。
    複合キーワードの数値が低いほどライバルは少なくなってきますので、狙うにはおすすめです。

    一方、複合キーワードでもライバルが群を抜いて強い場合もあります。
    「SEO」の場合は超強力なライバルサイトがあります。
    ほとんどの「SEO」がついた複合キーワードの対策もされているため、「SEO」が付いた複合キーワードでは上位表示が難しいのです。

    その場合は、次章でお伝えする類似キーワードを見つけて行く方法をおすすめします。

    2.Googleキーワードプランナーで類似キーワードを調べる方法

    類似キーワードとは、検索キーワードに類似したキーワードです。

    「SEO」のような抽象度の高いビッグキーワードで類似キーワードをさがすよりも、「SEO,対策,やり方,とは」のような抽象度が低く、検索の意図がはっきりしている複合キーワードを探していく事をおすすめします。

    そうすることで、検索意図に近い似たようなキーワードを広く調べていく事が出来るからです。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    先ほど調べた「SEO対策」の複合キーワードの中で「SEO,対策,とは,初心者」について類似キーワードを探していきますね。

    「SEO,対策,とは,初心者」 といキーワードを検索した人が探している情報とはなんでしょうか?
    SEO対策について知りたい初心者の人が、SEO対策とは何か?という事について知りたいという事ですよね。

    このように検索者が知りたい情報を検索意図といいます。

    「SEO」という検索ワードは幅が広すぎて「SEO」というキーワードを入力した人の検索意図が分かりません。
    これでは検索意図に沿った類似キーワードは探せません。
    一方、検索意図がはっきりとしている 「SEO,対策,とは,初心者」 と入力した人の類似キーワードは簡単に探していく事ができます。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    では改めて、Googleキーワードプランナーの画面を表示して下さい。
    Googleキーワードプランナーの画面を表示する方法はこちら

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    【新しいキーワードを見つける】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

     「SEO,対策,とは,初心者」をそれぞれスペースをあけて入力して下さい。
    その後【結果を表示】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    このように関連性の高いキーワードから順に表示されて行きます。
    今回は類似キーワードを探していきたいので「SEO」というキーワードは除外していきたいですね。
    これからは「SEO」というキーワードを除外した類似キーワードを探していきますね。

    【キーワード(関連性の高い順)】の上にあるフィルタマークをクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    すると上記画面が表示されます。【キーワードのテキスト】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    すると上記画面が表示されます。
    【次を含む】のフォームをクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    すると上記フォームが表示されるので、【次を含まない】をクリックして下さい。
    その後、【適用】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    すると上記フォームに切り替わりますので、入力フォームに「SEO」と記入後、【適用】をクリックして下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    すると、「SEO」というキーワードを含まない類似キーワードが表示されます。
    「SEO,対策,とは,初心者」 に関連した類似キーワードがこれで表示されました。
    調べたいキーワードと関連性の深いキーワードを調べたい時はご活用下さい。

    Googleキーワードプランナー検索フォーム

    除外した「SEO」のキーワードを復活させたい場合は、上記の【キーワードのテキスト 次を含まない SEO】を削除していく事でもとに戻ります。

    まとめ 複合キーワードとは?検索ツールの使い方~調べる方法まで全てお伝えします!

    今回の記事では複合キーワードの探し方の具体例についてお伝えさせて頂きました。
    キーワードを制するものがSEOを制すです。
    複合キーワードの探し方をマスターする事で、強力なSEO対策になってきます。

    今回ご紹介した内容をもとに、ライバルが少なく、ニーズの高いキーワードを見つけていただければ幸いです。

    下記の記事ではGoogle検索で上位表示するためのリサーチ方法についてまとめさせていただきました。
    併せてお読みください。

    下記の記事ではブログで稼ぐための方法についてあます所なくお伝えさせていただきました。
    ご興味のある方はぜひご覧ください。

    関連記事

    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です