集客のツボをわかりやすくのつぼろぐ
集客コンサルタントの坪井一真です。

このブログの記事を見ているという事は、あなたはホームページ集客に興味があるという事ですよね。

まず、基本的にホームページはブログやSNSのように、自然発生的に流入がある媒体ではありません。
検索エンジン対策のSEOや、SNSでのシェアが構造上できないため、それ自体で集客を生み出す力はありません。

ブログやSNSといった集客ツールで人をあつめ、ホームページに誘導していくか、広告などを使いホームページに誘導していくかして初めてあなたのホームページに人は集います。

ホームページは人を集める媒体ではなく、集めた人にあなたの商品の価値を伝え、商品の価値をより多くの人に提供していく媒体です。

そのため、ホームページに集客の流れを作っていくことがあなたのビジネスを飛躍させていくことでもっとも大切なことです。

無料でホームページに集客していく方法は以下の3つのステップです。

  1. 流入経路を確保する
  2. 魅力のあるホームページであなたのビジネスの価値を伝える
  3. メルマガやLINE@に登録してもらう

 

ホームページに無料で集客をしていく方法3ステップ

まずはホームページ集客を加速させる3つの流れに関して動画にて説明させていただきますので、ご覧ください。

1.流入経路を確保する

流入経路が確保されると人は集まる

この章では無料と有料であなたのホームぺージに見込み客を集めてくれる集客媒体をお伝えさせていただきますね。
あなたのビジネスにあった集客媒体を見つけていただければ幸いです。

無料のおすすめ集客媒体

ブログやSNSなど原則無料の媒体を用いて、ホームページへの流入経路を確保する方法は下記の記事をご参照ください。

 

有料のおすすめ集客媒体

有料にてホームぺージの集客を確保したい方におすすめなのが、フェイスブック広告とリスティング広告となります。

Facebook

Facebookの有料広告は個人的にとてもおすすめです。
特にターゲット層の地域や属性などフェイスブックの優秀なAIがサポートしてくれるため、あなたが思いが得く見込み客を集客してくれます。



詳しくは下記のサイトをご覧ください。

徹底解剖!Facebook広告とは?種類・特徴・費用・効果まとめ!

リスティング広告

リスティング広告の仕組みについて

リスティング広告とはあなたのブログやホームぺージを一回でも見たことがある人に対して、なんども追跡して広告をしてくれる方法です。
なんどもあなたやあなたの商品のことを知ることで、あなたのビジネスに興味を持ってくれる可能性が高まります。

詳しくは下記のサイトをご覧ください。

リスティング広告とは?リスティング広告の基礎知識について

2.魅力のあるホームページであなたのビジネスの価値を伝える

もしかしたらあなたはデザインを練るのが大事だとか、SEO対策が大事だとか、ホームページにおいて方法論ばかり目にしていませんか?

でも、実際に方法論を覚えようと思ってもハードルが高くてちんぷんかんぷんになってしまっているのではないでしょうか。

実は魅力的なホームページって方法論なんかよりもはるかに大切な事があるんです。

その秘訣(ひけつ)とはストーリーブランディングを活用する事なのです。
ストーリーブランディングを活用していく事で、心をつかんで話さない魅力にあふれたホームページとなっていく事でしょう。

下記の記事ではストーリーブランディングを作るためのストーリーブランドフレームワークの使い方を詳しくお伝えさせて頂きましたので、ぜひご参考下さいね。

3.メルマガやLINE@に登録してもらう

KAZUMA
ネット集客のツールで最強のツールは2つです。それがメルマガとLINEです。


ながの
え?ホームページじゃないの?
KAZUMA
実はホームページよりも大切なのがメルマガやLINE@なんだ。
ながの
どうして?
KAZUMA
ホームぺージって店舗と同じだと思うと分かりやすいよ。ながのさんがふらっとよったお店に行くとするじゃない。
ながの
たしかによくあるわね。
KAZUMA
でさ、ライン@に登録すると何パーセント引きとかあるじゃない。登録したことない?
ながの
そりゃあるわね。
KAZUMA
登録するとさ、お得なクーポンとか届いたりしない?
ながの
そうそう。だから何度も通っちゃうの!
KAZUMA
そう。こういうことなんだよね。LINE@やメルマガに登録してもらうと、販促出来るんだよね
ながの
自分でも気づかないうちにリピーターになっちゃってるのね!
KAZUMA
うんうん。販促ツールを使うのがいつの時代もやはり最強なんだよね。

メルマガ(メール配信システム)

メール配信システム

メルマガはマーティンぐの王道です。

メルマガのメリット

メルマガのメリットは下記になります。

  1. 資産を自分で管理できる
  2. 購読者に自分の商品やセミナーを提案できる
  3. 価値ある情報を配信するほど見込み客のファン化が進む

1.資産を自分で管理できる

メルマガの最も大きなメリットは資産を自分で管理できるということです。

メーリングリストとはいわばネット上での顧客台帳に値します。

顧客台帳を自分で管理することが出来るため、いついかなる時でも情報を見込み客に向けて情報を発信することが出来るのです。

私たちにとっての最高の資産となるメーリングリストを自分で管理できることが最大の特徴です。

2.購読者に自分の商品やセミナーを提案できる

基本的にブログやSNSなどで積極的な売り込みをしていくと読者離れが起こります。

人は売り込みをされればされるほど嫌悪感を抱くからです。

けれども、あなたのファンクラブともいえるメルマガは別です。

日々、読者にとって価値の高い情報を配信し続けることが出来ていたら、配信数の1割くらい自分の商品やセミナーの告知をしても問題ありません。

むしろ、待ってましたとばかりにあなたの商品やセミナーが売れていくようになるのです。

3.価値ある情報を配信するほど見込み客のファン化が進む

日々、価値ある情報を発信し続けることで、メルマガ購読者はあなたに対して好意的になってくれます。

心理学に単純接触の効果というものがあるのですが、人は接触回数を重ねるほどその対象に好意を持つように出来ているのです。

メルマガも例外ではありません。

あなたの発信した情報を待ち続けてくれる読者が増え続けていくのです。

メルマガのデメリット

メルマガのデメリットは下記になります。

  1. 料金がかかる(月3000円から2万円ほど)
  2. 配信した全員にメールが届くことはない
  3. 毎日配信し続けるネタ探し
1.料金がかかる(月3000円から2万円ほど)

メール配信スタンドは基本的に料金がかかります。

無料で出来るメルマガは資産の管理が運営に握られてしまうためおすすめではありません。

お金はかかりますが、ネット集客の流入が出来てきたら、絶対にやるべき必要があるものだと感じています。

2.配信した全員にメールが届くことはない

全員に届くことはないってどういうこと?
とあなたは思っているかもしれませんね。

世の中の多くの人はフリーメールといえるGmailやヤフーメールなどを使っています。

見込み客の方が自分で登録してくれても、これらのメールは知らないところから送られてくるメールを迷惑メールとして振り分けてしまう可能性があるのです。

そのため、全員にメールが届くことはまずありえません。

発信したメールの1割~2割は届いていないというのが実情です。
それでも、資産化できるメリットに比べれば到達率に関しては大したことはありません。

3.毎日配信し続けるネタ探し

メルマガはファン化を促すための情報配信のため、発信者の性格を色濃く表しながら発信していく傾向が高いです。

SNSなどの媒体もそうですが、メルマガの場合は発信者に価値を提供していくということが主目的のため、面白おかしく書きながらもタメになる情報を発信していくことが求められます。

慣れていないと無機質な文章になってしまいますし、時事ネタを活用していかないとすぐにネタ切れになってしまいます。

慣れるまでは絶えずネタ探しをし続けていくことが大変なのです。
でも、慣れてしまえば案外簡単です。

LINE@

LINE@での販促

到達率100%のLINE@はメルマガと同様に多くの人たちの集客ツールとして活用中です。

Line@のメリット

LINE@のメリットは下記になります。

  1. 到達率100%
  2. メッセージは短文が基本で楽
  3. LINEからのメッセージはメールの3倍読まれやすい
1.到達率100%で開封率も高い

あなたもLINEにメッセージが来たら一目散に目を向けてしまいませんか?

LINEはほかのツールに比べ圧倒的に届く確率と開封率が高いのが特徴です。

メルマガではどんなに頑張っても1割~2割は迷惑メールに入ってしまい読まれることすらありませんが、LINEに関しては到達率100%で必ずと言っていいほど読まれるため狩猟用集客としてとても効果的なのです。

2.メッセージは短文が基本で楽

メルマガは書くのが大変ですが、LINEはとても書くのが簡単です。

短文しか読まれない傾向があるため、長い文章をあえて書く必要がないのです。

3.LINEからのメッセージはメールの3倍読まれやすい

さきほどからお伝えしているとおり、LINE@は読まれやすいため、メルマガからのメッセージの3倍も読まれているという統計があります。

なんといっても読まれやすいのがLINE@なのです。

Line@のデメリット

LINEのデメリットは下記になります。

  1. 資産を自分で管理できない
  2. 簡単に解除できる
  3. 料金体系が運営の思うがまま

1.資産を自分で管理できない

アメブロやユーチューブと同じように運営の軒先を借りているため、資産管理が自分で出来ないのが最大のデメリットです。

それでも、到達率100%の優位性を考えると、メルマガと合わせてLINE@は必須ツールとなります。

2.簡単に解除できる

LINE@は簡単に解除できるため、登録者の半数ちかくはあっという間に減っていきます。

登録者が減っていくことに耐えられるタフなメンタルが求められます。

でも、これも結構初期段階で慣れてきてしまいます。

3.料金体系が運営の思うがまま

つい最近料金体系が変わりました。

以前までは有料5000円で無制限でメッセージを送れていたのですが、いきなりこのように改悪されました。

私の知り合いの企業はいままで5400円だったものが、料金改定から60万円に跳ね上がったのです。

急激な賃金アップは独占状態のツールを使うリスクとなります。

だからこそ、メルマガと同時並行で発信していくことが大切なのです。

まとめ メルマガやLINE@に登録してもらう

ホームぺージだけ持っていては商品が売れたとしても、お客様との今後のつながりを持っていくことはできません。

お客様とのつながりを絶やさない販促ツールに登録してもらうのこそが、ネットビジネスでのひとつのゴールになります。

ちなみに私がつかっているメールスタンドは下記になります。

エキスパ


また、LINE@に関しては下記からご登録くださいね。

LINE@登録ページ

まとめ ホームページに無料で集客をしていく方法3ステップ

ホームぺージに見込み客を集客する方法

ホームページで見込み客を無料で集客していく方法は

  1. 流入経路を確保する
  2. 魅力のあるホームページであなたのビジネスの価値を伝える
  3. メルマガやLINE@に登録してもらう

 

となります。

この流れでしっかりと仕組みを構築していくことがネットでビジネスを行っていくうえで最強の方法だという事をお伝えしてきました。

店舗ビジネスもそうですが、販促ツールにしっかりと登録をしてもらうことで、あなたのビジネスの価値は何倍にも何十倍にもなります。

なんの目的も持たないとホームぺージを作って終わりとなってしまいますが、それではもったいなさすぎます。
ホームぺージからしっかりと販促ツールに登録してもらうことがネットビジネスで最も大切なことです。

あなたのビジネスが飛躍していくことを願っております。

下記の記事ではネットビジネスでゼロから稼いでいくためのすべての方法について書かせて頂きました。
あわせてご覧ください。

関連記事

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
僕はコーチとして起業した当初は貯蓄を切り崩すばかりで、まったく食べていく事が出来ませんでした。

コーチだけでは食べて行けずに、アルバイトと両立もしたのですが、月収10万円を稼ぐのもやっとだったのです。

そんな藁をもすがる思いの時にネットビジネスに出会ったことで、僕はの人生は大きく変わっていきました。

そこからの僕はビジネスの仕組み化を構築し、自らのメディアを大きくしていく事でコーチとしてのビジネスが軌道に乗っていったのです。

TSUBOLOGでは人生どん底だった僕がどのように「ネットビジネスを成功させていったか?」の全てをお伝えさせて頂きますね。

【保有資格・実績一覧】

国際コーチ連盟認定コーチ Professional Certified Coach(PCC)
米国CTI認定コーチ Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
累計7000名以上が受講した潜在能力覚醒プログラムの開発
累計600万人以上のコーチング専門サイトの開発・運営
コーチとしての著書4冊出版
ホームページに無料で集客をしていく方法3ステップ

【マインド・コーチングの教科書】

期間限定公開

周囲や社会の目が気になり

いつからか、いつわりの自分を演じ続けるようになってしまったあなたへ

 

きずついた心を癒し、かがやきに満ちた

『ほんとうのあなたを取り戻す』方法に

興味はありませんか?

 

心も身体もエネルギーで満たされて、

あなた本来の魅力を発揮する

『マインド・コーチング』を本邦初公開

 

ありのままのあなたを解放し、本来の魅力を発揮する

『マインド・コーチングの教科書』

無料ビデオプログラム



メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です