人生のレールを自分で敷く!死ぬ前に後悔しないための生き方

オーストラリアのホスピスで看護師をしていたブロニー・ウェアは、自分のキャリアでしか出来ないであろう挑戦をしていました。その挑戦とは、これから死を迎えるであろう患者たちにあるインタビューをして記録し続けることです。

どのようなインタビューかというと、間近に死が迫っている患者に対して「最後に後悔していることは何か?」という内容でした。その結果、驚くべきことに最も多かった結果は、「他人の期待に合わせるのではなく、自分に正直に生きる勇気がほしかった」ということです。(エッセンシャル思考P35)

あなたも彼らのように、自分自身の人生にも関わらず、他人の期待に合わせて生きてはいないでしょうか?

老人

photo credit: We’re not old at all via photopin (license)

死ぬ間際に後悔しない人生とは自分自身の人生の進む人生のレールを自分自身で敷いていくということではないでしょうか?しかし、多くの人はいまだに他人が敷いたレールをわき目も振らずに進み続けています。

お迎えが来た時に過ちに気が付いたとしても取り返しがつきません。僕達にはまだ、いくらでも自分の人生のレールを敷いて行くことが可能です。

自分自身の人生のレールを敷いていくには、自らの情熱に目を向けていくことが大切です。それこそが、生きがいであり、自らがこの世に生まれてきた使命そのものだと言えるでしょう。自らの生きがいに沿って、情熱的にチャレンジを続けていく人こそ最終的に精神的にも満たされた成功を収めることが出来るのです。

生きがいに沿って生きることこそ、人が自己実現をする上で最も大切なことだと言えます。

情熱

photo credit: IP16PB_15A7343 via photopin (license)

200名以上の永続的に成功している人たちにインタビューをし、統計情報から永続的に成功するための秘訣を解き明かしているビジョナリーピープルという本で、成功者に共通する目を引く特質が紹介されていたのでお伝えさせていただきます。

最も注目すべき結果の中に、成功する人は自分の信条や仕事をまっとうしようとして他人の同意を求めることはない、という確かな現実があった。彼らには社会的な圧力に屈せず、そうした圧力を跳ね返し、率先して取り組む大胆さがある。他の人から好かれようとするよりも、自分の好きなことに執念を燃やしている。

彼らは、たった一度の挫折でうろたえたり落ち込んだりもしなければ、ものごとがうまく行かなくなったときに、他人に責任を押し付けるようなこともしない。逆に自分たちが追い求める成果をあげるのに最も効果のある仕事に、あくまでも最優先で取り組むのだ。

成功を収めている人たちはまた、<自分がしていることに愛情を持つ>ことが、成功するための必要条件だと言っていた。ビジョナリーマインドP22

成功

photo credit: Sucesso | Success via photopin (license)

あなたは、「情熱を捧げることが出来る生きがいとはどのように見つけるものなのか?」と考えていらっしゃるかもしれませんね。そうなのです。この情熱を捧げることが出来る生きがいを見つけることが最も難しいことであり、且つ、重要なことだと言えます。

人は自分の使命をもってこの世に生まれてきます。その使命に気が付き情熱を捧げて活動出来る人こそ成功者だと言えます。しかし、人生の目的ともいえる生きがいを見つけて情熱的に行動出来る人はまだ少数の域を出ません。

その理由は他人の目や社会の監視を無意識のうちに気にしてしまっているからだと言えます。自分自身の内側にある情熱的な思いを外部要因の影響でかき消してしまっているのです。

キャンドル

photo credit: Extinguished via photopin (license)

大勢に従う投資家は長く続くトレンドではお金を儲けられるかもしれないが、相対的には損をする。一方、自分で考えて行動する投資家は常にお金を儲けられる。大勢に従う投資家を設けられなくするものはなにか。

それは自分で考えて自分に合った方法を自分の手で見出そうとせず、(隣人を含め)他人にアドバイスを求める彼ら自身なのである。

新盤魔術師たちの心理学P47

ハーメルンの笛吹のネズミのように、人は集団の流れが大きくなるほど自らの頭で考えることを放棄し、集団の力学に身を任せてしまう性質を持っています。

ネズミ

photo credit: A European Honeymoon: Day 5 (Hamelin & Hamburg) via photopin (license)

たいていの人は恐怖や欲望といった感情がいったいどこへ自分を連れて行こうとしているのかほとんど考えもせずに、ただ感情に突き動かされるまま高い給料、昇給、安定した仕事を求めて一生を過ごす。それは、鼻先にニンジンをぶら下げられた馬が、どこへ行くのか知りもせずに、重たい荷物を引いて走り続けているのと変わりがない。

金持ち父さん貧乏父さんP75

周囲と同じような道を選ぶことで得られることがあります。それは、自分自身の頭でリスクを考えなくて済むということです。自分ひとりではないという安心感が得られるために、集団に属することでリスクに対する恐怖は次第に薄らいでしまいます。

安定して給料をもらえるという環境がより人を思考停止に陥らせてしまうのです。自らの会社が倒産したら?リストラにあったら?心身衰弱で仕事が出来ない状態になってしまったら?などというリスクに蓋をして行きます。

リスク

車やマイホームのローン、休日のちょっとした贅沢や子供の習い事。多くの人はひとつの、それでいて不安定な命綱しか握っていないにも関わらず、目の前のリスクに目が向きません。集団に所属しているという安心感が自らの視野を鈍らせているのです。

毎月の給料をもらうためだけに、身を粉にして働き定年まで勤めることが人生の目的になってしまっていては、死が間近に迫った時にきっと後悔をしてしまうでしょう。では、周囲に流されずに生きがいを見つけ、その生きがいに沿って情熱的に自己実現をしていくにはどうすればいいのでしょうか?

まずは自らの価値観を振り返ることが自己実現をするうえで第一歩です。

気づき

photo by Hermes drop | Flickr – Photo Sharing!

幸せな結末は、頭の中で自分の生きがいについて語る小さな声ーこれをささやきと呼ぶ人もいるーに耳を傾けることから生まれる。その声は、体中の細胞のひとつひとつにまで共鳴し、耳を澄ませばある種の静かな叫びのように聞こえてくる。それは、答えを出せとしつこく迫る、ときには癪に障るような要求だ。

ビジョナリーピープルP137

だれしも頭の中でも自分の生きがいについて語る小さな声を聞いたことがあるでしょう。しかし、多くの人は社会の反応や他人の目が気になりささやきを無意識的に封印してしまいます。頭の中のささやきに意識を向けるには質問が効果的です。

「あなたに無限の可能性があり、また能力に限界がなければ、今後どのような事をして世界によりよいインパクトを起こしていきたいですか?」

今は漠然とでも構いません。心に浮かんで来た思いがあなたの価値観となります。今まで意識を向けていなかった部分に光をあてることで、次第に価値観は明確になっていくことでしょう。

ささやき

photo by My Secrets for Daddy | Flickr – Photo Sharing!

「心から満足するためには、自分が立派だと信じる対象に打ち込む以外に道はない」とスティーブジョブズは2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチで語っています。

「立派な仕事をなし遂げるための唯一の方法は、今取り組んでいる仕事を好きになることだ。好きになれる仕事がまだ見つからないというなら、探し続けよう。このことは、自分の仕事にも愛する人にも同じようにあてはまる。

愛に結びつくあらゆるものの場合と同じように、それを見つけた時はそれとわかるものだ。そして、どんな立派な人間関係でもそうであるように、年月が流れるにつれて、それは次第に好ましいものになっていく。だから、見つかるまで探し続けよう。あきらめないことだ。

2005年スタンフォード大学卒業式のスピーチ ビジョナリーピープルP159

ジョブズ

photo by Steve Jobs Speaks At WWDC07 | Flickr – Photo Sharing!

自分自身の価値観が明確になり、その価値観に準じて生きていくことを自らに宣言をして行動することこそ永続的な成功を手に入れるために重要なことです。そして、自らの情熱を一点に注ぎ生きるということは、自分の人生を正直に生きていることにつながり、人生に悔いを残さない安らかな最後を遂げることが出来るでしょう。

自らの人生を精一杯楽しみながら生き抜いて行きましょう。人生のレールを自分で敷いて行くことこそが永続的に自己実現をし続けるための道につながっていくのです。

関連記事

参考文献

ビジョナリー・ピープル EIJI PRESS

金持ち父さん貧乏父さん 筑摩書房

魔術師たちの心理学 Pan Rolling

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は自分ブランド創造コーチとして第一線で活躍中。
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)
□その他 Co-Active Leadership Program修了

『つぼろぐ』執筆者プロフィール

自分ブランド創造コーチ坪井一真。最強のビジネスツール『自分ブランド』を創り出すことでオンリーワンで人から求められる存在となる人材となる自分ブランド創造コーチングを提供している。ブログを書くことと瞑想が何よりの趣味。最近、演劇にも興味を持ち始める。座右の銘「大切なものは、欲しいものより先に来た」

米国CTI認定資格
Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
国際コーチ連盟認定資格
Associate Certified Coach(ACC)
その他
Co-Active Leadership Program修了


自動集客ブログdeコーチング起業

【理想のあなたへ変容を遂げる自分ブランド創造メソッド 】

現状に別れを告げ輝く未来を手に入れたい 人生の転機にいるあなたへ

あなたが本来持っているありのままの魅力を取り戻し人生の成功を加速して行くための無料メールセミナーです。

ご登録の方に無料特典動画
60分で人生が変わる魔法のノートの創り方をプレゼントしております。

コーチングにおいて最も重要な人生の目的を創っていく動画となっております。

この機会に是非ご登録下さい。

ご登録はこちらからお願いします↓



*メールアドレス

ラインからも登録出来ます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です