超訳ニーチェの言葉-あなたの人生を成功へと導く13の名言

今回の記事では「超訳ニーチェの言葉」からコーチとして心に響いた言葉をピックアップして紹介させて頂きますね。

超訳ニーチェの言葉にはコーチングやアドラー心理学、またマインドフルネスに通じる部分がいたる所に表れています。

これらの共通する部分は人生を充実させていくための智慧だということです。

ニーチェの言葉に触れると、彼はだれよりも人生について考え抜いていたんだなということが分かります。どのようにしたら充実した幸福な人生を送れるのか?ということを真剣に見出してきたニーチェの言葉に今あらためて耳を傾けて見る事で得られるものは大きいでしょう。

そんなニーチェの言葉についてコーチとしての僕なりの解釈をつけて紹介させて頂きますね。

【理想のあなたへ変容を遂げる自分ブランド創造メソッド 】

現状に別れを告げ輝く未来を手に入れたい 人生の転機にいるあなたへ

あなたが本来持っているありのままの魅力を取り戻し人生の成功を加速して行くための無料メールセミナーです。

ご登録の方に無料特典動画
60分で人生が変わる魔法のノートの創り方をプレゼントしております。

コーチングにおいて最も重要な人生の目的を創っていく動画となっております。

この機会に是非ご登録下さい。

ご登録はこちらからお願いします↓



*メールアドレス

ラインからも登録出来ます。

友だち追加

1.自分自身を見つけたい人に

自分がどういうものであるか理解したい人は、次のような問いを自分に向け、真摯に答えてみればいい。

  • これまで自分が真実に愛したものは何であったか?
  • 自分の魂を高みに上げたものは何であったか?
  • 何が自分の心を満たし喜ばせたか?
  • これまでにどういうものに夢中になったか?

これらの問いに答えたとき、自分の本質が明らかになるだろう。それがあなた自身だ。

「ショーペンハウアー」

「超訳ニーチェの言葉」ではいくつもの問いに接する機会がありました。コーチングではこのような哲学的ですぐには答えの出ない質問を設問と呼んでいます。

設問をじっくり、しっかり考え続けて行く中で僕らは自分自身でも気付かなかった心の声に耳を傾けていくことができるに様になっていくのです。

そうすることで、見つけて行く答えには人生全体をダイナミックにして行くようなパワフルな答えがあるかと思えば、人生全体を俯瞰することで得られる答えもあったりと様々ですが、自分自身の血肉になるような素晴らしい答えが設問の中には眠っているのです。

あなたもじっくりと上記の設問を紙に書いて考えて見て下さい。きっと新たな気付きが得られることでしょう。

2.いつも機嫌よく生きるコツ

不機嫌になる大きな理由の一つは、自分のなしたこと、自分の産んだことが人の役に立っていないと感じることだ。

だから、不機嫌な老人がいる。一方で輝く青春の真っ只中にいる若い人たちが不機嫌なのは、自分が社会の中で生産的な存在になることがまだまだ難しいからでもある。

したがって、いつも機嫌よく生きて行くコツは、人の助けになるか、誰かの役に立つことだ。そのことで自分という存在の意味が実感され、これが純粋な喜びになる。

「人間的な、あまりに人間的な」

アドラー心理学には共同体感覚という概念があります。共同体感覚とは人が幸せを感じるには自分が所属する共同体にいかに貢献できたかに左右されるそうです。

どのような人でもひとりでは生きていけませんよね。よって、人は誰しもライフラインと呼べる共同体を持っています。しかし、どの共同体にも貢献できないような関係性だと人は次第に不幸になっていくのだと言います。

ニーチェの言葉にもあるように、人は誰かに貢献することで自分という存在を認める事ができ喜びになって行くのです。

自分さえよければいいという考えしか持っていないような人は例えお金に恵まれていたとしても、心が幸福を感じることはないのです。

あなたは不幸なまま一生を過ごして行くなんてもったいないと思いませんか?

3.好奇心に振り回されない

身の周りや世間で起きているいろいろな事柄に、そのつどごとに首をつっこんでいると、結局は自分がからっぽになってしまう。あるいは、自分の空虚さをなんとか埋め合わせるために、あらゆることに顔を向けている人もいるくらいだ。

好奇心は、自分の能力を発火させるためにはたいせつだが、世界のすべてを見聞できるほど人生は長く続かない。若いときに自分が関わる方向を着実に見定め、それに専念していくほうが、ずっと賢く、自分を充実させていくことができる。

「漂泊者とその影」

エッセンシャル思考という本には、最小の時間で成果を最大にする方法が書かれています。その本に書かれていたことがまさにニーチェの言葉にありました。

それは自分にとって重要なことに集中しそぎ落とせるものはすべてそぎ落として行くということです。あれもこれもと手を広げていてはどれも中途半端に終わってしまい、結果として時間を無駄にし、成果も出ないなんてことに。。。

人生をより豊かに充実させたものにしていくには、僕たちは針の穴をも通すくらいの集中力で舵を切って行く必要があるということですね。

4.恐怖心は自分の中から生まれる

この世の中に生れる悪の四分の三は、恐怖心から起きている。

恐怖心を持っているから、体験したことのある多くの事柄について、なおまだ苦しんでいるのだ。それどころか、まだ体験していないことにすら怖れ苦しんでいる。

しかし、恐怖心の正体というのは、実は自分の今の心のありようなのだ。もちろんそれは、自分でいかようにも変えることができる。自分自身の心なのだから。

「曙光」

ニーチェの言葉にもあるように恐怖心は人の心を惑わします。

僕たち人間は過去の経験を悔い、将来の不安に身もだえします。僕たちは今を生きている様で実は過去や未来に縛られてしまっているんですね。ようは現実に生きていないということですね。

仏教ではこのような思考の囚われから解放されるためには意識を今この瞬間に合わせることが大切だと考えています。そのための方法として瞑想を行い今この瞬間に意識を合わせる訓練をしているんですよね。

ニーチェも同様に過去や未来に思いをはせて苦しむよりも、今この瞬間の現実に焦点を合わせようぜって言ってるんですね。

そんなニーチェも晩年は精神を病み、恐怖心に心を乗っ取られるようになっていくのですから、運命とは皮肉なものてす。

5.友人を求める前に自分自身を愛する

できるだけ多くの友人を欲しがり、知り合っただけで友人と認め、いつも誰か仲間と一緒にいないと落ち着かないのは、自分が危険な状態になっているという証拠だ。

本当の自分を探すために、誰かを求める。自分をもっと相手にしてほしいから、友人を求める。漠然とした安心を求めて誰かに頼る。なぜ、そうなるのか。孤独だからだ。なぜ、孤独なのか。自分自身を愛することがうまくいってないからだ。しかし、そういうインスタントな友人をいくら多く広く持ったとしても、孤独の傷は癒されず、自分を愛するようにはなれない。ごまかしにすぎないからだ。

自分を本当に愛するためには、まず自分の力だけを使って何かに取り組まなけれはならない。自分の足で高みを目指して歩かなければならない。そこには苦痛がある。しかしそれは、心の筋肉を鍛える苦痛なのだ。

「ツァラトゥストラはかく語りき」

え?ニーチェってSNSのこと知ってるの?って思うほど現代にもピンポイントな内容でした。

見ず知らずの他人とも気軽に繋がれるようになった現代は過去のどの時代よりも人に対して依存的になりやすい時代だと言えるでしょう。

ニーチェが現代を生きていたら、「おいおいまじか?」と絶句したかも知れませんね。

でも、解決策はニーチェの時代も今の時代も同じなんです。それこそが自己受容。自分自身を本当の意味で愛することができるようになることが大切なんです。

アドラー心理学では

  • 自己受容
  • 他者信頼
  • 他者貢献

この3つが出来て人は初めて共同体感覚を得ることができると伝えています。ようは、自分を愛せるようになって初めて人を愛せるようになっていくんだよってことですね。

みせかけの愛ではなく、本当の意味で自分自身を愛するには自己受容が出来るようになっていくことが先決なんです。

自己受容に関しては下記の記事をご覧下さい。

自己受容-脳の中の2人の自分と折り合いをつける方法
僕達は誰しも心の中にふたりの自分が共存しています。ひとりは観察される側の自分自身。そしてもうひとりはありのままの自分自身を評価・判断していく観察者としての自分自身です。コーチングの源流である「インナー・ゲーム」では、観察される側をセルフ2、評価判...

6.無限の豊かさは自分にある

同じものを相手にしていても、ある人は一つか二つくらいのことしか、そこから汲み出すことができない。このことはふつう、能力の差だと思われている。

しかし実は人は、そのものから何かを汲み出しているのではなく、自分の中から汲み出しているのだ。その物に触発されて、自分の中で応じるものを自分で見出しているのだ。

つまり、豊かな物を探すことではなく、自分を豊かにすること。これこそが自分の能力を高める最高の方法であり、人生を豊かに生きていくことなのだ。

「悦ばしき知識」

このニーチェの言葉はコーチングにとても通ずる部分があるなと感じています。

モチベーションのコンコロールにおいて重要な動機付けには外発的動機付けと内発的動機付けがあります。

外発的動機付けとは報酬や賞罰といった自分の外部にあるもので意欲を触発させていくという考え方です。

一方、内発的動機付けとは自分の内側にある強い思いから意欲を触発させていくという考え方です。

コーチングでは内発的動機付けを大切にしています。それは内発的動機付けは自分の心と結びつく無尽蔵の動力源だからです。内発的動機付けをもとに人生を歩んでいくと、人生が豊かで色鮮やかなものになっていくからです。

あなたは自分の気持ちを大切に扱っていますか?

7.満足が贅沢

今では享楽者とか快楽主義者という誤解された意味でのみ使われている”エピキュリアン”という言葉だが、その語源となった古代ギリシアの哲学者エピキュロスは、生きていく上での快楽を追求した。

そしてたどりついた頂点が、満足という名の贅沢だった。その贅沢に必要なものは、しかし多くはなかった。すなわち、小さな庭、そこに植わっている数本のイチジクの木。少しばかりのチーズ、三人か四人の友達。

これだけで、彼は充分に贅沢に暮らすことができた。

「漂泊者とその影」

僕は1日2時間の瞑想を日々日課にしているんですね。瞑想を日課にし出してからというもの、僕自身も贅沢の概念が変わってきました。

前までは物質的な豊かさばかりを追求していたのですが、それよりも今では精神的な豊かさのほうに価値を見出しています。

今この瞬間に焦点を合わせ、沸き上がって来る感情にレッテルをつけずに感じることで、今という時を生きている充実した気持ちになっていけるようになりました。

まさにマインドフルネスですね。このニーチェの言葉からはマインドフルネスをニーチェ自身も取り入れていたんだろうなということが分かります。

マインドフルネスとは簡単にいうと、今に焦点を合わせることで、思考から解放され心を穏やかに過ごす方法です。ニーチェの言葉からはちょくちょくマインドフルネス的な言葉が読み取れるので、彼の思想に影響を与えていたんだろうなと思います。

8.人を喜ばせると自分も喜べる

誰かを喜ばせることは、自分を喜びでいっぱいにする。

どんなに小さな事柄でも人を喜ばせることができると、私たちの両手も心も喜びでいっぱいになるのだ。

「曙光」

このニーチェの言葉からもマインドフルネスな思想が読み取れます。ニーチェは今この瞬間に意識を向けることの大切さを語りつづけていたんだなと。

9.事実が見えていない

多くの人は、物そのものや状況そのものを見ていない。

その物にまつわる自分の思いや執着やこだわり、その状況に対する自分の感情や勝手な想像を見ているのだ。

つまり、自分を使って、物そのものや状況そのものを隠してしまっているのだ。

「曙光」

このニーチェの言葉もそう。

思考に惑わされて今を見る事が出来ないから、恐怖や不安で現実を覆い隠してしまっていることに気付けよ諸君って話ですよね。

そして、このニーチェの言葉の背後には今に焦点を合わせることが大切なんだという内容がつまっているなって所です。

10.土足で入る人とはつきあわない

親しくなれば相手の私事に立ち入ってもかまわないと考えているような種類の人間とは、決してつきあわないことだ。そういう人は、家族のようなつきあいと称しながら、結局は相手を自分の支配下と影響下に置きたがっているだけなのだ。

友人関係の場合でも、互いを混同しないような気遣いと配慮はたいせつだ。そうしないと、友達でいることもできなくなる。

「漂泊者とその影」

ニーチェの言葉はアドラー心理学に通ずる所いっぱいだなーって思います。アドラー心理学にも課題の分離という考え方があります。

人の課題をまるで自分の課題のように奪ってしまう人とは関わらない方がいいという考え方です。

このように自分の心にずかずかと入ってくる人とは距離を取ることが大切です。そうしないとあなたの心が踏みあらされてしまうからです。

他人があなたの心に土足で上がり込ませないようにするために心の扉を頑丈にして行く方法について下記の記事でまとめさせて頂きました。

心の防衛機能を強化する正しいストレス解消方法
職場の人間関係に憤り、先の見えない将来を不安視し、自らの存在自体が意味のないもののように感じる。心はもやもやした気持ちで今にも張り裂けそう。イライラした気持ちや怒りが全身にまとわりついて一時も心休まる暇すらない。休日ですら終わった後に出社する事を...

11.理想や夢を捨てない

理想を捨てるな。自分の魂の中にいる英雄を捨てるな。

誰でも高みを目指している。理想や夢を持っている。それが過去のことだったと、青春のころだったと、なつかしむようになってはいけない。今でも自分を高くすることをあきらめてはならない。

いつのまにか理想や夢を捨ててしまったりすると、理想や夢を口にする他人や若者を嘲笑する心根を持つようになってしまう。心がそねみや嫉妬だけに染まり、濁ってしまう。向上する力や克己心もまた、一緒に捨てられてしまう。

よく生きるために、自分を侮辱しないためにも、理想や夢を決して捨ててはならない。

「ツァラトゥストラはかく語りき」

コーチングで最も大切にしている部分をニーチェは伝えてくれています。理想や夢をすてて、現状維持するためだけに口からクソを垂れ流すようになっては人間は負のエネルギーで即座に満たされてしまいます。

負のエネルギーで満たされる人生には希望も情熱も充実感もありません。ただムダに一歩一歩死に向かって歩んで行くだけです。

志をしっかりと持って人生をすごすことの大切さがこの言葉にはあります。志を持つと人生は彩り豊かなものになって行き、自身の心から尽きることなないエネルギーを引き出してくることができるのです。

下記の記事では理想や夢に向かっていけるモチベーションのコントロール方法について書かせて頂きました。

モチベーションを自由自在にコントロールする5つの原理原則
吉田松陰。この名前を聞いて偉人と思うか、狂人と思うかは判断が分かれることでしょう。どちらであれ彼の生き方はいつの時代も人を惹きつけます。どうしてか?それは彼がいついかなる時も自分の心の響きを優先して生きていたからだと思います。自分の命よりも自分の...

12.自分の中にある高い自己

高い自己に、ふと出会う日がある。いつもの自分ではなく、もっと澄み切った高級な自分自身が今ここにいるのだということに、恩寵のように気付く瞬間がある。

その瞬間を、大切にするように。

「人間的な、あまりに人間的な」

まさにマインドフルネス

13.絶えず進んでいく

「どこから来たか」ではなく、「どこへ行くか」が最も重要で価値あることだ。栄誉は、その点から与えられる。

どんな将来を目指しているのか。今を超えて、どこまで高くへ行こうとするのか。どの道を切り拓き、何を創造していこうとするのか。

過去にしがみついたり、下にいる人間と見比べて自分をほめたりするな。夢を楽しそうに語るだけで何もしなかったり、そこそこの現状に満足してとどまったりするな。

絶えず進め。より遠くへ。より高みを目指せ。

「ツァラトゥストラはかく語りき」

なんかこう心に響く言葉だなと思い最後に取り上げました。

吉田松陰も自分の心が叫ぶなら迷わず進むべきだっていってますしね。自分の心の声に忠実に従う事が充実した人生を送る秘訣なんでしょうね。

僕は未来を見据えつつ、今を真剣に生きていこうと思います。そういう熱意をニーチェの言葉は持たせてくれるんですよね。すばらしい言葉は時代を超えても響いてきますね。

まとめ

いかがでしたか?

僕はニーチェをイメージから入った人なので、本を読んでからニーチェの本質を知りました。

なので最初のイメージは最悪でしたよ。

半狂乱の晩年や生涯童貞っていうのがあたまにこびりついてて、クレイジーな人なんだろうなって印象しかなかったですもん(笑)

でも、いまニーチェの言葉に耳を傾けると、当時のニーチェは誰よりも今を生きることの大切さをといていたんだなと。充実した人生を歩むために考え抜いていたんだなという事がひしひしと伝わってきます。

人生をだれよりも一生懸命に考えぬいたニーチェから学ぶことは多いなとこの年になってつくづく感じました。

関連記事

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は自分ブランド創造コーチとして第一線で活躍中。
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)
□その他 Co-Active Leadership Program修了

『つぼろぐ』執筆者プロフィール

自分ブランド創造コーチ坪井一真。最強のビジネスツール『自分ブランド』を創り出すことでオンリーワンで人から求められる存在となる人材となる自分ブランド創造コーチングを提供している。ブログを書くことと瞑想が何よりの趣味。最近、演劇にも興味を持ち始める。座右の銘「大切なものは、欲しいものより先に来た」

米国CTI認定資格
Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
国際コーチ連盟認定資格
Associate Certified Coach(ACC)
その他
Co-Active Leadership Program修了


自動集客ブログdeコーチング起業

【理想のあなたへ変容を遂げる自分ブランド創造メソッド 】

現状に別れを告げ輝く未来を手に入れたい 人生の転機にいるあなたへ

あなたが本来持っているありのままの魅力を取り戻し人生の成功を加速して行くための無料メールセミナーです。

ご登録の方に無料特典動画
60分で人生が変わる魔法のノートの創り方をプレゼントしております。

コーチングにおいて最も重要な人生の目的を創っていく動画となっております。

この機会に是非ご登録下さい。

ご登録はこちらからお願いします↓



*メールアドレス

ラインからも登録出来ます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です