モチベ―ション向上方法-深層心理に問いかける5つの質問

今回の記事ではブログコーチングと題してテーマに沿った質問をあなたに投げかけさせていただきますね。

今回のテーマはモチベーション向上方法です。

あなたの人生全体のモチベーションが向上していくための質問をご用意させていただきました。

夢や希望もなくなんとなく日々を過ごしてしまっている。やりたいことはあるけれども、いつかやろうと先延ばしにしてしまっている。生きている実感がない。

こんな感じでモチベーションが停滞しているのであれば、今回の質問はあなたのお役に立つと思います。

あなたの心の奥深くに浸透する質問ですので、ひとつひとつの質問を時間をかけて、出来れば紙に書き出して見ることをおすすめします。

それでははじめさせていきますね。

1月31日までの期間限定公開

一度きりの人生このままでいいのかな?

と漠然とした不安がある方へ

 

累計6,608名が体験済み!

好きなコトを仕事にし、次々と願いを叶えていく

魔法の3ステップを本邦初公開!

 

「お金」「仕事」「健康」「家庭」「人間関係」・・・

あなたの願いを自然体で引き寄せる

神・潜在意識のつかいかた

無料動画レッスン5点セット プレゼント



メールアドレス

 

1.あなたが生まれて来たことの使命はなんですか?

まずは目をつぶって自分自身にこの問いを投げかけてみて下さい。

あなたが生まれて来たことの使命はなんですか?

もし、あなたが生まれて来たことに何かしらの意味があるのであれば、 それはなんでしょう。

あなたがこの世界で生きることに何を求められているのでしょう。

もちろん、すぐに答えが見つかる簡単な質問ではありません。 一回では答えが見つからないかも知れません。

でも、それでいいんです。

あなたの中に問いが生まれたことで、 湖に小石を投げ込んだようにあなたの心に波紋が広がることでしょう。

この問いの答えを見つけた時に、あなたの人生全体に光が 照らされるように人生のモチベーションが向上して行きます。

2.あなたは何を我慢しているのですか?

この問いの答えを見つけた時に、あなたの人生全体に光が 照らされるように人生のモチベーションが向上して行く方法が見えてくるでしょう。

2.あなたは何を我慢しているのですか?

あなたのモチベーションに火がついていないのはあなたの中で何かがその火を鎮火しているのかも知れません。

あなたは何を我慢しているのですか?

この問いを考えることであなたの中に押し殺していた感情が見えてくるかも知れません。

もしかしたら、それはある特定の言葉ではなく感覚かも知れませんし、独特の質感かも知れません。

あなたの中にある何かに意識を向けることで気が付くことは少なくはないでしょう。

  • それはどんな感覚がありますか?
  • それはどんな質感ですか?
  • それはどのように見えますか?

じっくりとこれらの質問に意識を傾けて見て下さい。

3.あなたにとって価値観に沿った生き方とはどんな生き方ですか?

人は価値観に沿った生き方をしている限りモチベーションの源泉は尽きることはありません。そのように生きていれば、モチベーション向上方法を意識することなくても、身体中にみなぎっていることでしょう。

あなたにとって価値観に沿った生き方とはどんな生き方ですか?

普段、自分自身の価値観についてじっくりと考える機会ってそうはありませんよね。

だからこそ、この質問はとてもあなたにとって意味がある質問だといえるかもしれませんし、そうでないかもしれません。

しかし、じっくりと意識を向けることで今まで気付かなかった心の中に押しとどめていた価値観が見え初めてくることでしょう。

そして、あなたがその価値観に沿った生き方をすることであなたにはどんな光景が見えてくるのでしょう。

それは、きっと今まで思い描いていた生き方よりも魅力的な生き方なのではないでしょうか。

あなたの心にじっくりと耳を傾けて見て下さい。

4.あなたは今この瞬間とどのような関係にありますか?

当然ですが、過去に行ってモチベーションを向上させることも、未来に行ってモチベーションを向上させることも出来ませんよね。モチベーションは今この瞬間にしか向上出来ないものです。

あなたは今この瞬間とどのような関係にありますか?

この質問はあなたが今この瞬間を生きているかどうかを見定める質問となります。過去の失敗に捉われ後悔し続けること、未来の不安におびえ恐怖に縛られ続けること、このように過去や未来に心が捉われ続けていることを仏教用語でカルマといいます。

あなたがカルマに捉われている限り、今この瞬間を生きているとは言えません。

逆に今この瞬間を生きることが出来れば、現実ではない不安や恐怖に蝕まれることはありません。

モチベーションとは過去や未来に捉われず、今この瞬間に心がある時にあなたの中から湧き上がるものです。

もしも、あなたの心が過去や未来に捉われているなと感じた場合、今この瞬間とどのような関係にあるだろう?と見つめなおしてみて下さい。

この質問は心を今に戻すことが出来るとっても効果的な質問ですので、様々な状況でお試し下さい^^

5.あなたの未来に制限がなければ今何をしたいですか?

多くの人は自分自身の可能性をとっても低く見積もりがちなんですよね。それはあなたにもきっとあてはまることでしょう。

あなたの未来に制限がなければ今何をしたいですか?

あなたはあなたが思っているよりもはるかに可能性に溢れています。その可能性の光が自分では見えていないだけなのです。

僕達コーチがよりどころとしている信念に「人はもともと想像力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である。」という言葉があります。

この言葉は当然、あなたにも当てはまりますし、僕にも当てはまります。そして、あなたの周りの人たちにも当てはまります。

あなたはもともと想像力と才知にあふれていますし、一切欠けるところがない存在なのです。そのようなあなたの未来に制限があるはずはないではありませんか。

あなたの未来に制限がなければ今何をしたいですか?

いま一度この問いをじっくりとお考えになられて下さい。あなたが本当に今本当にすべきことが見えてくることでしょう。

Ⅳ.モチベ―ション向上方法-深層心理に問いかける5つの質問 まとめ

いかがでしたか?今回の記事はいつもと趣向を変えて、コーチング要素を前面に取り入れさせて頂きました。

あなたが普段、意識もしない質問ばかりだったのではないでしょうか?

だからこそ、これらの質問には価値があります。心からじっくりと考えることで、あなた自身が気付きもしなかった答えや状態が目に浮かんできたのではありませんか?

考えすぎて、何も思い浮かばなかったという方でもそれはそれで大丈夫です。

この質問があなたの心に届いたのであれば、心の深い部分でずっと答えを導き出そうと無意識が
頑張ってくれますから^^

コーチングを受けていると、自分の使命に逆らえなくなってしまいます。

自分の心が求めている光景に沿うようにしか生きられなくなってしまうんですよね。

心を押さえつけ、人や社会の価値観で生き続けることに我慢が出来なくなってしまいます。

一回しかない人生、自分の思い通りに行動すること!これこそが最もあなたのモチベーションを向上し、全力で生きることが出来る近道なんです。

あなたの人生はほかの誰でもないあなたのものです。本当にあなたが生きたい人生を歩んで行かれることを心より願っております。

関連記事として下記の記事もおすすめです。

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は自分ブランド創造コーチとして第一線で活躍中。
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)
□その他 Co-Active Leadership Program修了

『つぼろぐ』執筆者プロフィール

自分ブランド創造コーチ坪井一真。最強のビジネスツール『自分ブランド』を創り出すことでオンリーワンで人から求められる存在となる人材となる自分ブランド創造コーチングを提供している。ブログを書くことと瞑想が何よりの趣味。最近、演劇にも興味を持ち始める。座右の銘「大切なものは、欲しいものより先に来た」

米国CTI認定資格
Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
国際コーチ連盟認定資格
Associate Certified Coach(ACC)
その他
Co-Active Leadership Program修了


【神・潜在意識のつかいかた】

1月31日までの期間限定公開

一度きりの人生このままでいいのかな?

と漠然とした不安がある方へ

 

累計6,608名が体験済み!

好きなコトを仕事にし、次々と願いを叶えていく

魔法の3ステップを本邦初公開!

 

「お金」「仕事」「健康」「家庭」「人間関係」・・・

あなたの願いを自然体で引き寄せる

神・潜在意識のつかいかた

無料動画レッスン5点セット プレゼント



メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です