ABOUTこの記事をかいた人

シードコミュニケーションズ代表取締役 坪井一馬

起業時は集客できなく廃業寸前
1400万の貯金を1年で全て溶かす!ストレスで血反吐を吐き倒れる!
このままではやばいと一念発起し「差別化×ブログ×SNS」の仕組み作りに成功!
月間10万PV前後で月400リスト取得!
現在は「知識、実績、経験」ゼロからはじめるコーチ・コンサル型ブログ戦略を「つぼろぐ」で公開中

□国際コーチ連盟認定資格 Professional Certified Coach(PCC)
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□著書4冊
    坪井一馬
    坪井一馬

    あいりさん
    一貫性の法則って知ってる?

    始めて聞きました。どんな法則なんですか?

    本城愛梨
    本城愛梨
    坪井一馬
    坪井一馬

    一貫性の法則って、人は無意識的に自分自身の発言や行動社会的立場に一貫性を持たせたいという心理の事を指すんだ。

    一貫性の法則をマーケティングに活用すると、人間の心理にアプローチできるためとても強力に作用するんだ。

    とても興味があります。
    詳しく教えて下さい。

    本城愛梨
    本城愛梨
    坪井一馬
    坪井一馬

    では、今回の記事では一貫性の法則をマーケティングに活用する方法について詳しく伝えていくね。

    今回の記事で得られるメリット
    • 一貫性の法則を理解できる。
    • 一貫性の法則をビジネスに活用していく方法を学べる。
    • 一貫性の法則を活用した心理テクニックを使えるようになる。

    今回の記事では一貫性の法則について下記の流れに沿って詳しくお伝えさせて頂きますね。


    1. 一貫性の法則はなぜ強力なのか?
    2. 一貫性の法則を活用してビジネスを加速させる方法

    1.一貫性の法則はなぜ強力なのか?

    私たちの社会システムは一貫性の法則のもと成り立っています。
    この社会から一貫性がなくなったら社会は成り立ちません。

    警官が強盗を繰り返し、会社は毎日のように無断欠勤であふれ出し、政治家は約束を守らない。

    政治家に関しては一貫性がある社会でも約束は守りませんが、多くの社会システムは機能不全に陥ります。

    そのため、私たちは子供の頃から一貫性を守る大人になるように育てられて行くのです。

    だから、約束を守る大切さ、時間厳守の重要さ、規律を遵守する事の必要性を教育を通して学んでいくのです。

    私たち人間はこのように小さな頃より、一貫性を重視する教育を受けてきたからこそ、一貫性の法則は無意識的に強力に作用するのです。

    芸能人が不倫をしたり、不祥事を起こしたりした場合にものすごく叩かれるのは一貫性の法則を外れてしまうからです。

    家庭的でよき夫というイメージの俳優が、不倫を繰り返すのが嫌われるのは、一貫性の法則を乱されるためです。
    一貫性の法則は私たちの深層心理に根付いてるからこそ、一貫性の法則を乱されるだけで嫌悪感がわいてきてしまうのです。

    このような私たちの深層心理に根ざした法則だからこそ、この一貫性の法則を正しく活用することで、ビジネスを大きく発展させて行く事が出来るのです。

    第2章では一貫性の法則をビジネスに活用して行く方法についてお伝えさせて頂きますね。

    2.一貫性の法則を活用してビジネスを加速させる方法

    第1章では人は子供のころから一貫性を教育を通して身につけていくという事をお伝えさせて頂きました。

    第2章ではそんな一貫性の法則をビジネスに活用していく方法についてお伝えさせて頂きますね。

    すぐに使えてとても効果的な3つのテクニックです。

    一貫性の法則を活用した3つの心理テクニック

    一貫性の法則をビジネスで活用していくための3つの心理テクニックは下記になります。

    1. フットインザドアテクニック
    2. イエス話法
    3. コレクター欲求を刺激する

    それぞれ具体的にお伝えさせて頂きますね。

    1.フットインザドアテクニック

    フットインザドアテクニックとははじめは小さな要求から始め、徐々に大きな要求をしていくテクニックです。

    一貫性の法則によって、始めに小さな要求を受け入れた人は無意識的に一貫性を保とうと、大きな要求も受け入れやすくなるのです。

    スーバーでの試食コーナーもフットインザテクニックを活用しています。
    「試食をご賞味下さい。」という小さな要求を伝え、受け入れてくれたお客さんに「よかったらこの商品のお買い上げもいかがでしょうか?」という大きな要求に伝える事で高倍率はグッと高まります。

    ネットビジネスでもフットインザドアテクニックは有効です。
    ネットビジネスの場合は、無料特典を渡しメルマガに登録してもらう事が第1ステップです。

    次に、メルマガの中で信頼関係を徐々に築いて行ってから、自分の商品やサービスをオススメしていくと、高額の商品やサービスでも売れて行きます。

    どんなに素晴らしい商品やサービスでもいきなり販売してしまっては絶対に売れません。
    一貫性の法則を活用することで初めてお客様は商品やサービスに興味を持ってくれるのです。

    「試食をした」

    「メルマガに登録した」

    このように小さな行動をした事実があるからこそ、次の大きな行動に対してのハードルを下げて行く事が出来るのです。

    マーケティングに使える行動心理学を理解すると、ビジネスはとても大きく成長していきます。

    下記の記事にはマーケティング活用できる心理を数多く紹介させて頂いておりますのでぜひご覧下さい。

    2.イエス話法

    イエス話法は交渉のテクニックです。
    外交上や商談の場でも交渉を有利に進めていくために使われているとても効果的な話し方です。

    といっても、難しい事は何一つありません。

    イエス話法とは相手にイエスと答えられる質問を複数回投げかけるだけだからです。

    「今日は天気がいいですね」

    「今日の商談はとても意義深いものになりそうですね」

    「お互いにとってよりよくまとまるといいですね」

    このように相手がイエスと答えられる話し方を複数回にわたって、行うことで交渉相手に一貫性の法則が働いて行きます。

    肯定的な返事を繰り返す事によって、無意識的に相手はこちらの要求にイエスを言いやすい状態になっていくのです。

    イエス→イエス→イエス→ノー

    とはなかなか言えないものなんです。

    そのため、イエス話法を繰り返した後に、頃合いを見計らって要求を伝えて行くのがイエス話法の神髄となります。

    3.コレクター欲求を刺激する

    漫画を1巻買うと全巻そろえたくなってしまう心理も一貫性の法則が作用しています。
    コレクター欲求とは人がもつ一貫性の法則の側面なのです。

    当然、このコレクター欲求を刺激する事もビジネスを加速させる上で活用して行くことが出来ます。

    では、この心理をどうやってビジネスに活用していけばいいのでしょうか?

    それはシリーズを分けると言うことです。

    ビジネス教材を例にとってみましょう。

    初級編、中級編、上級編などのようにシリーズを分けると、初級編を購入した人は中級編もそろえたくなる心理が働いていくのです。

    初級編、中級編、上級編の全てをひとつにまとめたパッケージで販売するよりも、分けて販売した方が全体の売上げは伸びていきます。

    その理由は2つです。

    まずひとつ目が、分割することでひとつあたりの単価が下がるため、全体で販売するよりも購入者が増えるという事です。

    ふたつ目が初級編を購入した人には一貫性の法則が働くため一定の確率で中級編、上級編を購入してもらえるからです。

    結果としてひとつのパッケージで販売するよりも全体的な売上げは増える傾向にあります。

    シリーズに分けるというのはとても効果的な方法なのです。

    まとめ

    本日の記事では一貫性の法則を活用してビジネスを加速させていく方法として下記の流れに沿ってお伝えさせて頂きました。


    1. 一貫性の法則はなぜ強力なのか?
    2. 一貫性の法則を活用してビジネスを加速させる方法

    ビジネスというのは人間の心理を理解する事ができれば、とても簡単で楽しいものです。

    また、人間の心理を学ぶ事はビジネスだけでなくあらゆる分野で有効です。

    記事をきっかけに心理に興味を持っていただければ幸いです。

    つぼろぐ公式メールマガジン

    つぼろぐ公式メールマガジン

    高収益コーチ・コンサルブログのはじめかた

    ブログをビジネス化し、年収1000万円を超えるコーチやコンサルタントになるノウハウを全公開!

    特典
    ワードプレスをゼロから作り、収益化していくための
    会員制サイトつぼろぐPlus無料ご招待


    関連記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です