心が響く生きがいを見つける7つのステップ

僕はコーチングを提供しているコーチという仕事をしています。よくコーチというとなんの種目のコーチなの?と間違われることがあるのですが、世間一般でイメージしているスポーツ選手のコーチとはちょっと違います。

スポーツ選手のコーチは指導することに特化していますが、コーチングを提供するコーチは相手の話を引き出すことに特化しています。

僕らコーチの仕事を端的に表すならば、相手がまだ気づいてもいない生きがいを見つける手助けをするということです。

当然、それ以外にもたくさんできる事はありますが、相手の中に眠っている生きがいを見つけることは何よりも大切なことなのです。

どうして生きがいを見つけることが大切なのか?それは人は生きがいを持って生きることが何よりも力強い原動力となっていくからです。

僕らは心に火をつけるきっかけをコーチングを通して提供しているのです。心に火が付いたときの人間のポテンシャルは想像をはるかに超えて行きます。

僕はそれが楽しくてコーチを続けているんですね。

今日のテーマは『生きがいを見つける』です。生きがいを見つけるために必要なことをコーチの立場からお伝えさせて頂きますね。

【理想のあなたへ変容を遂げる自分ブランド創造メソッド 】

現状に別れを告げ輝く未来を手に入れたい 人生の転機にいるあなたへ

あなたが本来持っているありのままの魅力を取り戻し人生の成功を加速して行くための無料メールセミナーです。

ご登録の方に無料特典動画
60分で人生が変わる魔法のノートの創り方をプレゼントしております。

コーチングにおいて最も重要な人生の目的を創っていく動画となっております。

この機会に是非ご登録下さい。

ご登録はこちらからお願いします↓



*メールアドレス

ラインからも登録出来ます。

友だち追加

1.人生の目的とは生きがいを見つける方位磁石

僕はコーチングにおいて最重要のツールが人生の目的だと確信しています。人生の目的とはあなたの生きがいの源泉を、いつでもイメージしやすく思い返せるようにキャッチコピー化したものです。

コーチングを通してあなたの価値観にゆさぶりをかけ、あなたの心が響く価値観を明確にした後に、その価値観をいつでも思い返せるように人生の目的としてまとめて行くんですね。

自分オリジナルの座右の銘のようなものです。

ちなみに、コーチングではこの人生の目的を頻繁に使って行きます。

  • いまやろうとしていることは人生の目的に沿っているの?
  • 人生の目的を思い返すとどんな気持ちになるの?
  • 人生の目的という視点から見て行くと今の状況はどんな風に見えているの?などなど

当然、人によって人生の目的の質感は違ってきます。暖かい気持ちになる人もいれば、好奇心旺盛になる人もいますし、僕のように大義に燃える侍みたいな気持ちになる人もいます。

大切なのは自分自身の価値観に人生の目的が沿っていることで、自分の心というか、魂が共鳴してくるような感覚を味わっていく事なんです。

コーチングではこの感覚を響くと表現しています。人生の目的を作ることで生きがいを見つけることは容易になっていきます。なぜなら、自分自身の価値観の集約が人生の目的になるのですから。まるで方位磁石のようにあなたの生きがいの方角を常に指し示してくれるのです。

ちなみに僕の人生の目的は「わしは日本を洗濯しゆう坂本竜馬じゃき~」です。

坂本龍馬がお姉さんにあてた手紙で、この日本を真っ白に洗濯しますって書いてたらしいんですよね。僕はこれを聞いた時に日本を真っ白に洗濯するって所に響きました。

将来が見えない今の日本だからこそ、コーチングを通して不安をまっしろにして希望あふれる社会にしていきたいという思いが人生の目的にはあります。

だから、僕は生きがいとしてコーチングをより多くの人に知ってもらい、体験してもらう活動をしています。この生きがいに沿って生きていると自然と充実感とやる気に満ちていくんですよね。

60分で人生が変わる魔法のノートの創り方

ここに乗せる動画はメルマガの特典に用意した動画です。人生の目的を7日間で創っていくという動画になっています。本来なら7日間にわたって創っていく事がもっとも効果的なのですが、ブログの記事という性質上1つにまとめて紹介させて頂きますね。

人生の目的を作成していくためにノートを用意して課題に取り組んでみて下さい。

DAY1  自己紹介

DAY2 ノートの使い方

DAY3 ビジュアライゼーション①

DAY4 ビジュアライゼーション②

DAY5 ビジュアライゼーション③

DAY6 価値観の言語化

DAY7 今後のノートの使い方

いかがでしたか?

ちなみに得点動画をご要望の方はinfo@visionary-mind.comまで人生の目的をお知らせいただければお渡しさせて頂きます。どんな人生の目的がくるか楽しみです。

2.生きがいを見つけるには自らアンテナを広げる

生きがいを見つけるにはアンテナを広げていく事も有効です。あなたがまだ体験したことのない経験にもしかしたら生きがいはあるかも知れないからです。

興味を持った分野の知識を吸収していったり、ネットやリアルの友人たちから情報を引き出して行ったりと、自分から積極的に行動していく事も大切ですし、アンテナの感度を高めてふとした時の情報も拾っていけるようにすることも大切です。

人間の脳は焦点を合わせたものに狙いを定める性質を持っています。生きがいを見つけるための情報を探すと脳にインプットすることで自然と脳は生きがい探索モードに切り替わっていくのです。

僕はかつてふとした瞬間に瞑想リトリートの話を聞いたんですね。生きがい探索モードになっていた脳はこれだと判断し、瞑想リトリートの情報を片っ端から集め、分析し、それを聞いてからひと月もたたないうちに参加したことがあるんです。

もう2年近く前の話になりますが、僕のもう一つの生きがいである瞑想はこのようにして見つかったのです。瞑想を日課にしたおかげで余分なストレスから解放され、心にゆとりが持てるようになったのも、脳が生きがい探索モードになっていたからなんですよね。

3.積極的に交友関係を広げる

人が積極的に交流を重ねる集団は自らのセルフイメージに近い人たちになる傾向が極めてたかいんです。例えばさえない係長というセルフイメージを持っている人がいたとしましょう。この人の周囲には成功者だらけで人生を謳歌している人たちがあふれているでしょうか?おそらくそんなことはないでしょう。

同じようなセルフイメージを持った人たちと夜な夜な愚痴を肴にお酒を飲んでいるようなイメージが僕にはわいてきました。たぶん、当たらずとも遠からずって所でしょう。セルフイメージというのは周囲の人たちからどのように見られているか?という事が影響します。

周囲の人たちが愚痴を肴にお酒を飲む人だらけでは、セルフイメージは同じように凝り固まってしまいます。それを打破するには積極的に新しい交友関係を広げていく事が大切なのです。

交友する人たちの質を上げて行くことで結果として自らのセルフイメージの質が上がっていきます。では、どうしていくか?

僕の場合は最近はSNSで演劇のワークショップに通ったりしています。また、友達が主催する別のワークショップに行ったりして交友関係を広げています。そして、気の合った人たちとワークショップを開催したり、Zoomで意見交換したりしていますね。

今までの自分の交友関係の枠だけでは見えなかったものの見方が出来るようになってきました。

このようにさまざまな人たちと出会い、所属するフィールドを積極的に変えていく事で凝り固まったセルフイメージは柔軟さを取り戻していきます。

そうなると、高まったセルフイメージの自分にそった生きがいが見つけていけることも可能となってきます。所属するフィールドを積極的に変えて行く事は、現状より高いレベルの生きがいを見つけるチャンスにもなっていくのです。

4.本を読む

生きがいを見つけるには本を読むこともとてもおすすめです。本には生きがいを見つけるためのさまざまな叡智が宿っています。僕自身の生きがいも本にインスピレーションを受けている部分が多々あります。

生きがいを見つけるために僕がおすすめする本をいくつかお伝えさせて頂きますね。

僕はこの本を読んで起業の決断をしました。この本は一貫して未来から今を創っていく事の大切さを書いています。古い考えや凝り固まった偏見や思いを捨て、恐れを手放すことではじめて過去の延長線上の今ではなくなるという事もとても僕には響いてきました。

コーチングで目指している世界が理論的に書かれた本ですね。僕は生きがいを見つける役に立ちました。ただ、600Pを超えるボリュームがある本なので読む人を選ぶと思います。

これは物語なのですが、自分の生きがいを見つけるうえでとってもおすすめの本です。多くの人って心の底では生きがいの声を聞いているんですよね。でも、自分自身の評価・判断や、周囲の人から見てどう思われるか?社会から見てどう見られているか?を過度に気にして生きがいの声に気づかないようにしていくんですね。でも、この本を読んでいくとそんなもったいないことが出来なくなってしまいます。おすすめの一冊です。

この作者は現実の世界は全能の存在である自分が作り出したバーチャルな世界だと主張しています。そんなオカルトじみたことを。。。

とあなたは思っているかもしれませんね。

でも、テスラのイーロン・マスクさんも似たような考えをもっているんですよね。僕らはコンピューター・シミュレーションの中で生きていると。このレベルの人が語っていると「さもありなん」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

下記のブログでそんなことが書かれていました。

イーロン・マスク氏が「人類はコンピューター・シミュレーションの中で生きている...
世界屈指のEVメーカー「テスラ」を率い、「SpaceX (スペースX)」で宇宙開発を進め、音速よりも速い列車「Hyperloop (ハイパーループ)」構想をうち立てるなど、イーロン・マスク氏は天才

僕自身もイーロン・マスクさんと同様の考え方なので、違和感なくこの本は読めましたね。

この本を要約すると嫌なこととか悲しい感情。見たくない感情を味わい尽くすとそれがパワーとなり、引き寄せの法則が働いていくと。。。

僕はここら辺は懐疑的というか、他力本願てきな願えばかなう系の話はきらいなのですが、感情を感じる事でパワーに変わっていくというのは当然だと考えています。

コーチングでも不快な感情を味わい尽くすことでパワーに変えていくコーチングがありますしね。

僕がこの本をおすすめしているのは、いやな気持を逃げずに感じる事の大切さがこの本には書かれていたからです。

不快な感情を味わい、発散して行く事で今まで見えていなかった本当の生きがいを見つけることができるようになっていく人たちも少なくありません。

その意味で不快な感情の味わい方を書いているこの本はおすすめです。

5.直感に従う

コーチは直感の力をものすごく大切にします。コーチングの重要な資質に直感があるくらいですからね。僕はコーチになろうと思ったのも、起業しようと思ったのも、このブログを書こうと思ったのも全部直感でした。僕の人生のテーマに「直感を感じたらその直感に従う」というものがあります。だから、直感で響いたものは基本的に飛び込むようにしているんです。

で、結果的になんですが、あとあとになってすべてが自分の生きがいにつながっていたというか、どれも今の自分に必要なことだったんですね。その時はただの直感で理由まではわかりませんでした。ただ、勢いでダイブしただけなので。

でも、あの時、理論をもとに考えていたら今がないんですよね。そうなると、今に満足している僕は存在しなくなるわけで。ここら辺は感覚なのですが、直感はおおむね正しい選択をしてくれると思ってます。だから、直感に従う事で道は開かれるから、そこから生きがいに通ずる道も見えてくるのかなって感じで考えてます。

ただ、思考を手放すという事ではありません。思考で十分精査をしつつも、直感でいいと判断したものに限ってはダイブするといった感じですね。

人の脳は莫大なデータ量を誇っています。思考とはあくまでもその莫大なデータの中の上澄みにしかすぎません。その点、直感は違います。莫大なデータ量の脳がそのすべてのデータをもとに判断して自分自身に知らせてくれるシグナルという認識ですかね。

なので、思考よりも直感を信じる事が結果的にはよい判断になっていくというのは当然のことだと言えるんですよね。

6.好きなことを仕事にする

世の中好きなことを仕事にできている人って本当に少ないですよね。だからこそ、僕は声を大にして言いたいんです。限られている人生好きなことを仕事にしないのはもったいなすぎるよと。

絵を書くのが好きならそれを仕事にしちゃえばいいと思いますし、文章を書くのが好きならそれを仕事にしてしまえばいいと思うんです。今の時代は意欲さえあればなんでも可能なんです。

もちろん、仕事をいきなり変えるというのはリスクが高すぎます。だから、自分の好きなことに特化した下地をつくっていくというのが僕の言いたい事ですかね。

好きなことを仕事にできればそれ自体が生きがいになってきます。毎日好きなことを出来るのですからこれほど楽しいことはありません。下記の記事では好きなことを仕事にすることのすばらしさについて書かせて頂きました。併せてご覧下さい。

好きな事を仕事にすると劇的に運命が変わり続ける本当の理由
組織心理学で博士号を取り、数々の著者でヒットを生んでいるマーシャ・シネターは米国で100万部を超えるベストセラーとなった著書『Do what you love,The maney will follow』にて「もし天職を見つけたいと思うのな

7.瞑想を日課にする

先ほど紹介したU理論には宇宙の英知とつながってインスピレーションを引き出すには瞑想を習慣化するべきだって書いてあったんですね。僕は瞑想を2年近く毎日2時間やっていますが、瞑想を通じてインスピレーションがもたらされるというのには納得です。

瞑想が終わってから出てきたインスピレーションから生きがいを見つけるのはそう難しいことではありません。

 

まとめ

いかがでしたか?本日の記事は趣向を変えて動画を中心にしていきました。文章では表現できにくいところなど今後は動画も駆使して行きながらお伝えしていければなと思います。

生きがいを見つけることであなたの中にある自らの個性が100%表現できるようになってくるでしょう。そうなるとあなたのインパクトは周囲を大きく巻き込んでいくことになるでしょう。

人は自分の心に火が付いた時に初めて自分自身の本当の可能性を開いて行くことが出来ます。この記事を機に生きがいを見つけることであなたの中のリーダーシップを発揮されることを願っています。

関連記事

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は自分ブランド創造コーチとして第一線で活躍中。
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)
□その他 Co-Active Leadership Program修了

『つぼろぐ』執筆者プロフィール

自分ブランド創造コーチ坪井一真。最強のビジネスツール『自分ブランド』を創り出すことでオンリーワンで人から求められる存在となる人材となる自分ブランド創造コーチングを提供している。ブログを書くことと瞑想が何よりの趣味。最近、演劇にも興味を持ち始める。座右の銘「大切なものは、欲しいものより先に来た」

米国CTI認定資格
Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
国際コーチ連盟認定資格
Associate Certified Coach(ACC)
その他
Co-Active Leadership Program修了


自動集客ブログdeコーチング起業

【理想のあなたへ変容を遂げる自分ブランド創造メソッド 】

現状に別れを告げ輝く未来を手に入れたい 人生の転機にいるあなたへ

あなたが本来持っているありのままの魅力を取り戻し人生の成功を加速して行くための無料メールセミナーです。

ご登録の方に無料特典動画
60分で人生が変わる魔法のノートの創り方をプレゼントしております。

コーチングにおいて最も重要な人生の目的を創っていく動画となっております。

この機会に是非ご登録下さい。

ご登録はこちらからお願いします↓



*メールアドレス

ラインからも登録出来ます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です