ダイエットコーチング-楽しみながらみるみる結果が出る方法

本日の記事は3つのパートに分けて書かせて頂きますね。

  1. 自分で出来るダイエットのモチベーションを高める方法
  2. ダイエットのセルフコーチングの方法
  3. コーチをつけてダイエットを行う事の相乗効果について

それぞれの章は独立していますので、あなたに興味のある章から読んでいただければと思います。どの方法もあなたのダイエットライフを有意義なものにしていける情報を厳選させて頂きました。

この記事で一貫している事はダイエットは楽しんで行わないと長続きしないばかりか、たとえ短絡的にはダイエットに成功してもリバウンドに打ち勝てないという事です。だからこそ、楽しんでダイエットが出来る方法のみを取り扱っています。

では、ダイエットの旅へとあなたをいざなって行きましょう。

ラポール共感型Facebookクライアント獲得法

Ⅰ.楽しくダイエットを行いモチベーションを高める8つの方法

痩せたい。理想的な体系を手に入れて人生を謳歌したい。もっと異性を惹きつけたい。ダイエットに挑戦する意欲は人さまざまでしょう。そこには10人10色の目指すべき理想の世界が広がっている状態です。

しかし、いざダイエットを始めるとモチベーションが保てずに諦めてしまった経験を持っている人は少なくはないはず。もしかしたら、あなたもダイエットのモチベーションが続かずに過去に何度もダイエットを失敗してしまったことがあるのではないでしょうか?

ダイエットと考えると、努力や忍耐といった言葉が浮かんでくるように、つらくて当然だと考えている人は多いものです。もしかしたら、あなたもダイエットはつらくて当然だと思われているかもしれませんね。つらいからこそ、その気持ちを乗り越えられて痩せることが出来たらさぞ素晴らしいことでしょう。

しかしですよ。つらいからこそ、挫折をしてしまい、2度とダイエットに挑戦する意欲を失ってしまうなんてことにもなりかねません。

ダイエット=つらくて厳しいものという思考を持ちながらダイエットに挑んでしまうと、それはもはや修行と変わりがありません。自らを追い込んで精神力を鍛えたいならまだしも、体重を減らして理想的な体系になるために精神を削り自らを追い込んでいく必要はまったくありません。

この章では、ダイエットに対するモチベーションを上げる方法をお伝えしていきます。ダイエット=つらくて厳しいものという思考から、ダイエット=簡単で楽しいものという思考に転換出来たら素晴らしいと思いませんか?

つらくて自らを追い込みながら体重を削り落としていくのと、楽しみながら自然と体重が落ちていくのとあなたならどちらのダイエットを選びたいでしょうか?

楽しみながら自然と体重を落としていきたいという方であればこの章はお役に立てると思います。

1.理想の未来をわくわくしながら創造する

ダイエットを成功している未来の自分の姿をわくわくしながら創造してみて下さい。より具体的に、詳細をイメージできる限りイメージしてみましょう。イメージが鮮明になればなるほど、自然とダイエットに対するモチベーションが高まってくることでしょう。

それには理由があります。あなたの潜在意識は現実とイメージの世界の区別がつきません。潜在意識はより臨場感の高いほうを現実として錯覚する性質を持っているのです。イメージのリアリティが高まるほど、潜在意識はイメージの自分が現在の自分だと錯覚し、イメージの自分に近づけようと勝手に働きます。

潜在意識は、変化を嫌う性質を持っています。自分のイメージが痩せているのに、現在の自分が痩せていないという状況に潜在意識は耐えられないのです。そのため、リアリティの高いイメージ通りであろうとし続けるのです。

2.お手本にしたい人をイメージする

あなたのお手本にしたい人は誰ですか?周囲のお友達かもしれませんし、芸能人やモデルの人かもしれませんよね。より美しくありたいと願うあなたなら、こうなりたいというお手本にしたい人のひとりやふたりはいるかもしれませんよね。

そういった、理想のお手本となる人をイメージして、頭の中に具現化してみて下さい。そして、イメージの相手と会話をしている姿を作り出してみて下さい。その人はどのようにプロポーションを保っているのか?どういったことに気を付けているのか?

これはビジュアライゼーションのテクニックです。お手本をイメージすることで、あなたがひとりで考えているだけでは出ない画期的な発想法が簡単に出てくるものです。

3.将来の自分との対話

ダイエットを成功して美貌と美しさを手に入れているそんな近い将来のあなたをイメージしてみて下さい。さきほどのお手本の人をイメージした時と同様に、今度は自分自身にインタビューをしてみましょう。

どうやって、痩せたのか?なにに気を付けたのか?どういったところに最も気を使ったのか?理想の状態を手に入れた未来のあなたは今のあなたの疑問にすべて答えてくれることでしょう。未来のあなたはすべての答えを持っています。未来のあなたはきっとあなたの手助けをしてくれることでしょう。

4.構造化をする

あなたはお手本にしたい人や将来の自分からいろいろなアドバイスをもらったことでしょう。素晴らしいアイデアは形にしてこそ、身を伴いますよね。聞いただけで寝かしておくのはもったいない限りです。出てきたアイデアは使える使えないにかかわらず人通り出してしまいましょう。

そんな時に便利なものがマインドマップです。頭の中に出たアイデアを一通り出した後に、分類分け(構造化)するのにとても便利なソフトです。

iphone版 SimpleMind+
アンドロイド版 SimpleMind+

使い方はとてもシンプルです。アプリをインストール後5分も指で遊んでいるだけで完璧に覚えられてしまう優れものです。ぜひアイデアをたくさん出して構造化してみて下さい。おすすめです。

5.日々、目標を見直す

構造化したら、日々の目標を明確化していきましょう。例えば、半年後までに5キロ体重を落としたいという場合を考えてみましょう。

・毎朝体重を図る
・一回の食事で30回咀嚼をする
・夜8時以降は食事をとらない

構造化したあとに、このような目標を自分自身に課したとします。目標は立てて行動するだけではいけません。日々、目標としたことを達成したかを見直すことで初めて目標が効果的に働くのです。

もし、達成できない目標であれば、現在の自分自身には大きすぎる目標かもしれません。そういった場合は、目標をワンランク下げて達成しやすい目標に変えることで、精神的な負担もだいぶ減ってくることでしょう。精神に負担をかけてしまっては元も子もありませんからね。

6.宣言をする

ダイエットをしていることを周囲に宣言してみることもダイエットを効果的に進めていくにはお勧めの方法です。人は生きる上で一貫性を大切にする動物です。

口に出して宣言したことは守るように無意識的に行動することが一貫性の法則となります。今までの項目で説明してきたように、無理のない行動であれば、口に出して宣言することがとても効果的です。

大きすぎる目標や達成できるかあやふやなものではかえって圧力となってしまいますが、簡単で測定可能な目標を設定したダイエットなら周りに伝えることで大きな効果を発揮してくれるはずです。簡単な目標くらいは守ってやるぞという一貫性の法則が働くのですから。

7.心の中の内なる声との決別

簡単な目標とはいえ、あなたの心の中に潜む内なる悪魔はあなたを誘惑の道へ引きずり込んでしまおうと顔を出してきます。

  • 「ダイエットなんてしても意味ないよ」
  • 「食べたいものを食べようよ」
  • 「本当に痩せるかなんてわからないよ」etc

悪魔の声で今まで高まってきたモチベーションを台無しにされてはたまりません。人は意識の力で今までの習慣を変えようとしたときに、このように心の声でかつての自分に引きずり戻そうと抵抗をしてくるものです。こういう声が聞こえて来たら、この声の主に名前を付けてみて下さい。

そして、この声の主を具現化して、徹底的に懲らしめてあげてみて下さい。これもビジュアライゼーションのひとつの方法です。声の主が弱まると、自然とあなたの頭の中で響く声も消えてしまうものです。

8.リラクゼーションを意識する

意識の力で今までの行動を変えるときは人は多かれ少なかれストレスを感じてしまうものです。モチベーションを高めていったとしても、多少のストレスはついて回ってきます。リラクゼーションを心がけることで、モチベーションを保ったまま、リラックス出来ればよりダイエットが楽になってくることでしょう。

おすすめは、3つあります。

・呼吸に意識を向けること
・睡眠をしっかりととる
・瞑想を行う

この3つはリラックスするうえでとても有効です。呼吸に意識を向けることとは、ストレスがたまったら、意識的に呼吸を深くしていくだけで大丈夫です。副交感神経が刺激され、リラックスが保たれます。睡眠は1日8時間をめどにしっかりととるだけで日々のストレスが緩和されます。

瞑想は僕のライフワークです。瞑想について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

Ⅰ.楽しくダイエットを行いモチベーションを高める8つの方法 まとめ

ダイエットのモチベーションを保つには、自らに苦痛をもたらす前時代的な方法では苦労するだけで結果がなかなか伴いません。だれでもが簡単に、それでいて継続できる自分オリジナルの方法を見出していくことこそが、簡単に長続きできるダイエットの秘訣です。

苦痛なことを延々と続けていくのは常軌を逸しています。苦痛なく楽しんで理想の身体を手に入れることが出来ればあえて苦行を行う意味はないでしょう。潜在意識の力とイメージの力を活用し、簡単にそれでいて持続できる方法こそがもっとも理想的なダイエット方法だといえるでしょう。

モチベーションは苦行では沸き上がりません。楽しんでやってこそモチベーションは高まってくるものです。日々モチベーション高く、楽しんでダイエットに取り組むために、この章の内容を活用していただければ幸いです。

関連記事

Ⅱ.リバウンドなし食べても痩せるダイエットコーチング

この章ではダイエットセルフコーチングの具体的な方法についてお伝えしていきますね。

あなたはダイエットを始めるぞと気持ちを込めてもなかなか長続きしなかった経験ってありませんか?

ダイエットの仕方はさまざまあれど、ダイエットという言葉の響きがなんだか苦行を連想してしまうからかも知れませんし、そうでないからかも知れません。

簡単ダイエット、一週間で痩せるダイエット、サプリを飲むだけダイエットなど、お手軽さを売りにしているキャッチセールスもたくさんありますが、試して見て効果が出たことってありましたでしょうか?

苦しいダイエットだと長続きしませんし、楽なダイエットだとお金だけかかって体重は変化なし。

そして、いつの頃から自分にはダイエットはあっていないんだという結論を出してしまうなどということに・・・

ちょっと待ってください。プロのコーチの立場からひとつ言わせて下さい。

どんなダイエット法に挑戦しようと、まずはあなたの心を制御できなければ焼け石に水だという事を。

この章で紹介する食べても痩せるダイエットコーチングでは心の制御に特化した内容にさせて頂きました。

1.ダイエットが成功しない理由

ダイエットが成功しない理由ってなんだと思いますか?

  • ダイエットに対するモチベーションが低い。
  • 長く続かない意志の弱さ。
  • ダイエットに向いていない。etc

まだまだいろいろな言葉が浮かんでくるかも知れませんし、そうでないも知れませんね。

あっ、ちなみに僕は過去13キロダイエットしてリバウンドなしに体重をキープし続けているので、僕が核心している答えを伝えさせて頂きますね。

あなたがダイエットに成功しない理由。それは。

痩せたくないからです。

ふざけるな。痩せたいからダイエットをしようと思ってるんだろと怒声が飛んできそうですね。

でも、本当にそうなんです。

あなたがダイエットに成功しない理由は、あなたが痩せることを拒んでいるからに他ならないのです。

①.変化を嫌うホメオスタシス

痩せたいのに痩せたくない。なぜこのようなパラドックスが生まれるのでしょう。

人は変化をしたいと願う生き物です。しかし、人の深層心理は変化を拒む性質を持っています。

それは、進化の過程で仕方のないことだったんですよね。太古の人類はちょっとした変化が死につながりかねない状況が長い間続いていました。

だから、僕達の動物としての本能の中に変化に対して拒絶反応を持つ遺伝子が組み込まれているんですよね。

変化さえしなければいつまでも快適な状態を保っていられると感じているわけなんですよね。

人の身体の機能にはホメオスタシスと呼ばれる働きがあります。簡単にいうと、体内環境を一定に保つ作用のことです。

人が平熱を保っているのも、風邪を引いても治るのもホメオスタシスが作用するからです。

これと同じく状況にもホメオスタシスが作用していくんですよね。

快適な領域に戻るということは、ダイエットで言えば、ダイエットをしていない状態という事ですよね。

これがあなたが痩せたいのに痩せれない大きな理由なのです。

食べても痩せるダイエットコーチングではこのホメオスタシスを懐柔し利用していく方法になります。

②.あなたを止める心の声サボタージュ

ホメオスタシスは快適な状態にあなたを呼び戻すため、あなたの行動を止めにかかってきます。

それはあなたの中で甘い誘惑をささやく声として浮かんで来たり、いくらやっても成功しないなどとあきらめさせる声をこだまさせたりと様々です。

コーチングの用語ではあなたが前進するのを妨げる心の声やイメージをサボタージュと言います。

サボタージュは快適な領域に戻るために、あなたの頭の中で声やイメージとして全力であなたを引きとめにかかります。

食べても痩せるダイエットコーチングでは、このサボタージュを具現化し、消していくことに重点を置いています。

2.リバウンドなし食べても痩せるダイエットコーチング6工程

食べても痩せるダイエットコーチングではサボタージュを具現化して撃退することと、快適な領域を変えることの2本柱でダイエットと向き合います。

潜在意識は現実とイメージの区別がつきません。臨場感が強い方を現実として認識してしまうんですよね。

例えば、太っている自分が現実だったとしても、イメージした痩せている自分の方が臨場感たっぷりに思い描けているのだとしたら、潜在意識は痩せている自分が快適な領域にいるんだなと思い込むわけです。

そして、ホメオスタシスに「痩せている状態が快適なのに、今なんだか太ってね?」と語りかけるわけです。

そして、ホメオスタシスが「それは事ですな。痩せている状態に戻してきます。」となっていくんですよね。

なので、食べても痩せるダイエットコーチングでは、痩せている理想のあなたを臨場感たっぷりに思い描いていただくよう質問を創り上げさせていただきました。

痩せたいのに痩せたくないの背景がご理解いただけましたでしょうか?

この章ではコーチングにおける質問をすることで、アクセルを踏みながらブレーキを踏み続けるような狂気の沙汰から解放されていくことを目的としています。

出来ればひとつひとつの質問をじっくりと紙に書いて考えて見て下さい。

そして、一回だけで終わらせるのではなく、日々これらの質問を向かい合って見て下さい。

きっと、少しづつではありますが着実に変化の実感が湧きあがってくることでしょう。

①.ゴールを明確化する

目的を明確化するには理由があります。終着地点の見えないマラソンなんて走り続けられませんよね。きちんとゴールを明確化することで人は意欲を保ち続けられるものです。

あなたは何年の何月までに何キロ痩せていたいのですか?

「何キロ痩せたい」ではなく、「何キロ痩せている」と明確に書き出すことをお勧めします。潜在意識には「~したい」という言葉は届かないからです。「~している」と書くことで臨場感溢れたイメージが脳裏に焼き付きます。

②.サボタージュの声を聞く

  • あなたのダイエットを足止めしてくる声は何と言っていますか?
  • あなたはどんなイメージが邪魔をしてダイエットが苦しくなりますか?

ここではサボタージュがどのように自分を足止めしていたかを気付くことに意識を集中してみて下さい。

③.サボタージュを具現化する

  • サボタージュはどんな質感をしていますか?
  • サボタージュはどのような形をしていますか?
  • このサボタージュに名前はなんですか?

イメージでも音でも体の感覚のどんな構成要素でもいいのでサボタージュをあなたの中で具現化してみて下さい。

胃の中にもやもやした煙っぽいものがあるなど抽象的な表現でも構いません。

今まで実態のなかった思考だったものを実体化することに意味があります。

④.サボタージュを撃退する

  • あなたのサボタージュが最も苦手なものはなんですか?
  • サボタージュを叱って見るとどんな反応がありますか?
  • あなたはどうやってサボタージュを追い払いますか?

これらの質問はあなたのインスピレーション全開でお考えください。突飛な答えでもまったく構いません。むしろ突飛なほうがイメージしやすくていいと思います^^

例えば、掃除機で吸い込むでも、日光にあてるとかでも、十字架をかざすとかでも構いません。

サボタージュの撃退方法が分かれば、サボタージュが現れるたびに撃退することが出来るようになるのですから。

⑤.ダイエット後の臨場感を体感する

  • ダイエットに成功したらどんな世界が広がっていますか?
  • ダイエットを達成したときどのような感情を感じていますか?

サボタージュが消えた状態で次に行う質問は、ダイエット後の臨場感を体感していただく質問です。

際限なくたっぷりと充実感にあふれたイメージをしてみて下さい。ダイエット達成された後の甘美な心地を味わうほど臨場感が高まっていかれることでしょう。

⑥.今出来る小さな一歩を踏み出す

いまあなたが出来る行動はなんですか?

あれもこれもと詰め込みすぎてしまってはダイエットはうまく行きません。あなたがこれなら出来るという行動を思い描き、実際にやり始めてみて下さい。

ただし、行動はいくらでも調整可能です。あなたの状況に応じて適度に変更しながら無理なく続けてみて下さい。

Ⅱ.リバウンドなし食べても痩せるダイエットコーチング6工程 まとめ

いかがでしたか?食べても痩せるダイエットコーチングは。

痩せたいのに痩せたくないという深層心理を理解することで、ダイエットに対してかかっていたブレーキを解くことが出来たのではないでしょうか?

ダイエットとは誰かが何かをしてくれるものではありません。

全てが自分次第です。だからこそ、あなたの深層心理を味方につけることがなによりも大切なんですよね。

今回はあなたの心を制御する方法についてお伝えさせていただきましたので、ダイエット以外にもいくらでも汎用性の高い質問になっております。

「〇〇したいのに〇〇したくない」と心が葛藤している時に、試されて見ることをおすすめします。

Ⅲ.ダイエットとコーチの相乗効果がすごすぎる3つの事実

この章ではコーチをつけてダイエットをする事の相乗的な効果について書かせていただきますね。

ダイエットを始めても長続きしたためしがない。毎回いいところまで行くんだけどすぐにリバウンドしてしまう。甘いものの誘惑に勝てない。いつまでたっても体重が落ち始めない。

ダイエットを始める前までは理想の自分を夢見てまるでこれからの人生がばら色にでもなるかのように光り輝いていたのに、ダイエットを始めてからは・・・

自分のダメな所、嫌な所、意志の弱いところが鮮明になりすぎて、凹んでばかり。というか、人としてなんてだめなんだろうと自分を責めてばかり。。。

こんなことになるのなら、辛い思いをしてダイエットなんてするんじゃなかった。というか、ダイエットなんて成功する人いるの?メディアのごまかし?あんな苦行に耐えれるなんて悟りを開いてるの?

ダイエットを開始すると自暴自棄になってこんな考えが浮かんでくることもありますよね。ダイエットは忍耐力と自己管理の賜物です。成功する人はしっかりと自己管理をしながらもここぞという時に忍耐力を適度に使って成功させていくものです。

だからこそ、得手不得手がはっきり出てきます。自分で自己管理が出来る人ばかりなら、おそらくダイエットで悩んではいないでしょう。自己管理が出来ない、長続きしないという方は、ひとりでダイエットすることが苦手なだけでダイエットが出来ないわけではないということをまずはお伝えさせていただきますね。

では、ひとりでダイエットをすることが不得手な人はどうすればいいか?そのひとつの解はコーチをつけることです。

専属のコーチをつけてダイエットをするだけで、ひとりの時とは比べ物にならないほどの効果を発揮するケースは圧倒的に高まります。

では、なぜ、専属のコーチをつけるとダイエットの効率が高まるのでしょうか?本日の記事ではその謎について解説していきましょう。

1.ダイエット×コーチ×二人三脚=結果力

では、ひとりで結果を出せない人の場合、なぜダイエットを成功させるにはコーチの力が必要なのか?それは結果が出るからです。それを言っては元も子もないだろうという話かもしれませんが、事実だからこそ言わせていただきました。

では、なぜ結果が出るのか?その理由は様々です。人によっては、モチベーションのアップが結果へと繋がりますし、人によってはダイエットをすることに対して否定的な心の声と向き合うことで気持ちが降りきれますし、人によってはダイエットが常に成功してこなかった気持ちの辛さを吐き出して心機一転ダイエットに取り組むことが出来るものです。

上記の例を通してお気づきかもしれませんが、コーチングによって感情の力を推進力として使っていくのです。

ひとりでダイエットを経験し、挫折したことがあるすべての人に当てはまることだと思うのですが、ダイエットにおいて感情ほどやっかいなものはありません。感情があるからこそ、自己卑下を繰り返したり、自分自身を心の殻に閉じ込めたり、ストレスを誘発してしまったり・・・

感情の力は敵に回すと自らを滅ぼすほど有害ですが、味方につけるとこれほど頼もしい見方はありません。まさしく一騎当千です。

感情とは良いも悪いも自らを動かす巨大なエネルギーです。コーチはこの巨大なエネルギーをクライアント自身の味方に付けるよう積極的に働きかけます。だからこそ、感情という巨大なエネルギーを味方につけることが出来るのです。

巨大な感情と言うエネルギーを味方につけた時の人間の行動力、推進力とは計り知れません。

欲望それは感情の向かう先

みなさんも欲望の力におのずと身体が動かされた経験を何度もされてきたのではないでしょうか?

  • 無性に甘いものが食べたくなって食べてしまった
  • 禁酒をしていたはずなのについついお酒を飲んでしまった
  • どうしても欲しいものが出来てしまい金欠気味にも関わらず無駄遣いをしてしまったetc

このように心に火がつき自分の行動を止められなかった経験ってありますよね?

この強力な力こそが感情の力なのです。あなたも感情の力を望む望まないは別にして推進力にしてきた実績を持っているのです。

では、上記で出したような例であてはまるであろうものを思い返してみて下さい。自分がやりたいと思った感情に逆らって感情を抑えることが出来るでしょうか?自分の理性で感情をやり込めることが出来るでしょうか?

きっと、答えは「出来ないだろうな」でしょう。

ビンゴ!そうなんです。感情が本気で取り組みたいと思った事柄に対して、人間の理性は無力だということです。だって、人間が持つ最も巨大なエネルギーのひとつなのですからね。

では、この感情の向かう先をコントロール出来たとしたらどうでしょう?

ダイエットをしたい。ダイエットがしたくてしたくて仕方がない。あー、一刻も早くダイエットがしたいー。というように、感情がダイエットに対して猛烈にラブコールを送っているとしたら、ダイエットなんて苦痛どころか喜びに変わってしまうでしょう。

2.ダイエットにはコーチをつけることが最良だという4つの事実

ひとりでダイエットをすることが出来ない場合、ダイエットをするのにコーチの力が必要だということを前章ではお伝えさせていただきました。この章では、具体的にどのようにしてコーチングでダイエットをする意欲を引き出していくか?ということに焦点をあててお伝えさせていただきます。

ひとつ注意点があります。それは、コーチがダイエットの方向性を決めるのではなく、あくまでクライアントであるあなた自身がダイエットの方向性を自分自身で決めていくのだという事です。コーチがダイエットメニューを作成するのではないということをあらかじめお伝えさせていただきますね。

①.否定的な心の声をノックダウンするダイエットコーチング

ダイエットをするのに一番の敵は否定的な心の声です。

  • 「何回チャレンジするんだ」
  • 「なんども失敗しているのに懲りない奴だな」
  • 「本当に痩せられるなんて思ってもないくせに」

このように自分の中に住み付く否定的な声をコーチング用語ではサボタージュと言います。

このサボタージュがあるから、ダイエットを途中であきらめてしまう人が多いのです。自分自身で自分を責めているのではなく、もうひとりの別人格ともいえる心の声が終始語りかけてくるのですから、その破壊力たるや想像を絶っしています。

このような時はこの心の声を具現化していくコーチングを行い、見える化することで心の声と向き合う方法を行っていくのです。

ダイエットコーチング例

コーチ「サボタージュはどこら辺から否定的な声を出して来ていますか?」

クライアント「耳の横あたりでわーわー言ってきている感じです」

コーチ「そのサボタージュの大きさはどのくらいですか?」

クライアント「肩の上に乗るくらいの大きさですね」

コーチ「だったらいっその事握りつぶしてみませんか?」

クライアント「握りつぶすんですか?」

コーチ「はい。握りつぶしたら声が聞こえなくなるかもしれませんよ」

クライアント「だったら、やってみます」

コーチ「どうですか?否定的な声は?」

クライアント「なんだか、握りつぶしたことで声がなくなり、心が軽くなってきました」

ダイエットコーチング解説

サボタージュを具現化することで、クライアントにサボタージュをあえて退治してもらうことが出来ます。そうすることで、サボタージュを意識的にクライアントの頭の中から消してしまう方法です。たったこれだけのことですが、クライアントにとっての影響力はとても大きいものです。

絶えず流れてくる心の声というのは、無意識に語りかけてくることが多いものです。しかし、本人としてみては気が付かないことがよくあるからです。その声を具現化させて退治することで、心の中で絶えずなり続けている不協和音がこれだけのことでもきっかけとなり、消えてしまうことが多いのです。

②.理想的な未来はどんな未来わくわくダイエットコーチング

感情を味方につけるのに最もいい方法はダイエットが成功した理想の未来をありありと思い浮かべることです。このブログでもビジュアライゼーションとしてアファメーションのひとつとしてとても重視している方法です。

ただし、セルフコーチングでひとりでビジュアライゼーションを行うのと、専属のコーチをつけてビジュアライゼーションを行うのとでは雲泥の差が生じてきます。もちろん、個人で行うビジュアライゼーションも大きな効果を発揮することは言うまでもありません。しかし、コーチをつける方がはるかに思い描くビジョンの鮮明さが色鮮やかになるのです。

ダイエットコーチング例

コーチ「1年後に10キロ痩せていたらどんな世界が見えますか?」

クライアント「なんだかとっても自身に満ち溢れています」

コーチ「どんな心境の変化があったのですか?」

クライアント「容姿も自身の一部なのですが、それよりもダイエットをやりぬいたという強い達成感が自信につながっています」

コーチ「その達成感を深く感じてみませんか?」

クライアント「はい」

コーチ「十分感じ取ったらお声掛け下さい。ゆっくり感じてみて下さい」

クライアント「はい」

クライアント「・・・十分感じ取れました」

コーチ「どんな気分でしたか?」

クライアント「身体中に血液がみなぎっていくような力強い感じでした」

ダイエットコーチング解説

ビジュアライゼーションをひとりで強力に出来る人も中にはいますが、それには自己催眠のテクニックや瞑想のテクニックを習得している必要があります。このようなテクニックが使えなかったとしても、コーチと関わることでまるでビジュアライゼーションの達人のごとくなってしまいます。

このようにコーチと一体の場をつくることで、通常ひとりでは入れないような臨場感がある空間が生まれてくるのもコーチングの特徴です。受けた方は当然、ご理解いただけると思うのですが、まるでその場に自分がいるかのようなリアルさを味わうものです。

③.ダイエットに対する見かたを意識したダイエットコーチング

ダイエットはつらいもの。このようなひとつの見かたを持ちつづけているとダイエットに対する偏見により、ダイエットが辛く凄惨なものだという認識から脱け出せなくなってしまうものです。そうなると、ダイエットを始める前から、ダイエットに屈してしまう精神状態を作りだしてしまうことになります。

このようにひとつの視点に凝り固まった考え方に対して、別の見方を提供していくのもコーチングのひとつの技術となります。ある特定の見からからすれば大変ひどくつらい物事に見えても、別の見かたからすれば変わってしまうことはよくあるものです。

ダイエットコーチング例

クライアント「ダイエットがいつも失敗してしまうんです。ダイエットをすることに恐怖を感じていて」

コーチ「ダイエットをするのに恐怖を感じていると思われているのですね?」

コーチ「今からペットボトルを置きますので、これをダイエットすることだと認識してもらっていいですか?」

クライアント「ペットボトルをダイエットをすることとして見るという事ですか?」

コーチ「はい、そうです」

コーチ「今、ダイエットを見ているとどのような感情が湧いてきますか?」

クライアント「とてもつらく恐怖を感じています」

コーチ「それは感覚として表現するとどんな感じですか?」

クライアント「ペットボトルの周りを黒い雲で覆ったような感覚です」

コーチ「では、ここから見える視点に名前を付けて見て下さい」

クライアント「名前ですか?」

コーチ「はい。あとから振り返る時の付箋として名前をつけておくと便利なのです」

クライアント「では、黒い雲にします」

コーチ「では、見方を変えて見ましょう。ちょっと動いて別の場所からダイエットを見て見ましょう」

コーチ「あなたが人生で一番充実していた時はどんな時ですか?」

クライアント「長男が生まれた時です」

コーチ「では、その時の気持ちを十分に思い返してみて下さい」

クライアント「はい」

コーチ「その気持ちのままダイエットを見てもらえますか?さっきと比べてどのような心境の変化がありますか?」

クライアント「先ほどは恐怖にしか見えなかったのですが、ここから見るとなんとかなるという気持ちになってくるものですね」

ダイエットコーチング解説

ひとつのものの見かたにこだわっているとその目線でしか物事を判断することが出来なくなってしまうのが人間という物です。コーチングとはそのようにクライアントがひとつの視点から動けなくなった時にも効果を発揮します。

上記の例のように別の視点から見ていくことでひとつの物事に関してちがった感情から別のアイデアが出てきます。解説例では別の視点だけでしたが、本来のコーチングではいくつもの視点をめぐりながら、クライアントにとって最も心に響く視点を見つけ掘り下げて行きます。

④.今を味わうことを意識したダイエットコーチング

とはいえ、コーチをつけていたとしてもダイエットが毎回うまくいくとは限りません。うまくいかないこともあるでしょう。空回りすることもあるでしょう。時には大きな挫折をしてしまうこともあるでしょう。このような時に心が捉われすぎてしまうと立ち直るのにより時間がかかってしまいます。

コーチングではこのような気持ちになった時に、現状の気持ちの焦点をあて、今感じている気持ちを深く味わうことを提案する時もあります。心が捉われている気持ちに深く入り込むことで気持ちに整理をつけていくスピードが格段に速まるためです。

ダイエットコーチング例

クライアント「ダイエットをすると決意しているのに、甘いものをついつい食べてしまうんです」

コーチ「そのような時どんな気持ちになるのですか?」

クライアント「またやってしまったー。僕っていっつもこうだよなーって思ってしまうんです」

コーチ「もしよろしければその気持ちをもっと感じてみていきませんか?」

クライアント「この気持ちをですか?」

コーチ「はい。直感ですが、この気持ちになにかあるような気がするのです。いやなら強制はしませんが」

クライアント「そこまでおっしゃるなら、やってみます」

コーチ「では、またやってしまったー。僕っていっつもこうだよなーという気持ちを感じてみて下さい」

クライアント「はい」

コーチ「その感情はどこら辺から出てくるものだか分かりますか?」

クライアント「胸の奥から出てくるような感じです」

コーチ「それでは胸に手を当てて下さい」

クライアント「はい」

コーチ「どのような気持ちですか?」

クライアント「さっきよりも深く暗くなってきたような感覚です」

コーチ「まだ大丈夫そうですか?」

クライアント「なんとか」

コーチ「じっくりとその感情を感じてみて下さい」

クライアント「とてもつらく、自分自身のみじめさを感じます。いっつもこうなんですよね。ダイエットに限ったことじゃなく。決意をしてもすぐに覆してしまうんです。僕ってなんなんだろーなーって思います。本当にもう悔しくて悔しくて」

コーチ「気持ちを伝えて見て今の気持ちはどうですか?」

クライアント「さっきよりはだいぶ楽になってきました」

コーチ「それでは心のボリュームをすこしづつ下げて行きませんか?」

ダイエットコーチング解説

一件、コーチングというよりもカウンセリングに感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、このように心の深い部分まで入っていく方法もコーチングの技術のひとつとなります。自分自身の向き合いたくない感情と真剣に向き合うことで、自分の気持ちに対して区切りをつけることが早まるのです。

このように自己の内面と深く入り込むことが出来るのもコーチが一緒にいるということが大きいのです。ひとりでは深く入り込むだけで大変ですが、コーチがともにいることで、クライアントがコーチに身を任せ、深層心理に入っていくことが出来るのです。

だからこそ、短期間でも自分自身を深く見つめなおすことが出来、気持ちを引きずらないで新たな気持ちでダイエットを続けていくことが出来るのです。一時の失敗であきらめてしまっていてはダイエットなんて続きませんしね。

Ⅲ.ダイエットとコーチの相乗効果がすごすぎる3つの事実 まとめ

コーチがともにいることで、ひとりでダイエットをしていくよりもはるかに成功確率を上げることが出来るのです。コーチとはクライアントの無限の可能性をただただ純粋にクライアント以上に信じる存在です。

だからこそ、クライアントも自分自身と言う存在を信じて接してくれるコーチを心強く思いながらも、コーチの期待に応えていきたいという思いもともに出てくるのです。このようにコーチとクライアントが組むことでお互いのかかわりが相乗的にあいまって素晴らしい結果を導き出していくことが出来るのだと言えます。

もし、ダイエットでいつまでたっても成果が出ないという方がいらっしゃるなら、一度プロのコーチに相談して見てはいかがでしょうか?

関連記事

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真

シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は自分ブランド創造コーチとして第一線で活躍中。

□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)

□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)

□その他 Co-Active Leadership Program修了


無料動画セミナー自分ブランド創造メソッド

理想の自分に変容を遂げる方法を8月10日までの期間限定でお伝えしています。
この機会にご登録のほどお願いいたします。

無料動画コーチング情報や無料オンラインセミナーの告知を発信していきます。とっても役に立つ大切な情報をお届けしていきますので、この機会にぜひともご登録下さい。

友だち追加

『つぼろぐ』執筆者プロフィール

自分ブランド創造コーチ坪井一真。最強のビジネスツール『自分ブランド』を創り出すことでオンリーワンで人から求められる存在となる人材となる自分ブランド創造コーチングを提供している。ブログを書くことと瞑想が何よりの趣味。最近、演劇にも興味を持ち始める。座右の銘「大切なものは、欲しいものより先に来た」

米国CTI認定資格
Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
国際コーチ連盟認定資格
Associate Certified Coach(ACC)
その他
Co-Active Leadership Program修了


心から実現したい方向に向かって
自分の人生を『生ききる』ための
自分ブランド創造メソッド

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

自分ブランド創造メソッドではあなたが抱えている自己制限的な枠を取り払うきっかけを提供しております。

自分ブランド創造コーチ坪井一真が投げかける問いを真剣に考え続けることで、あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかもしれません。

経験豊富なコーチが真剣にあなたと向き合う贅沢な無料動画セミナー

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチとして心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓



*メールアドレス

ラインからもご登録出来ます。

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です