オンリーワンのビジネスを生み出す自分ブランド創造コーチ
坪井一真です。

私はアーロンチェアを2019年の5月から使い始めました。今まで椅子にそんなに興味はありませんでした。
ずっと使っていた椅子も1万円くらいの普通の椅子だったんです。

でも、1時間座っていると腰が痛くて痛くて。
もともと腰痛持ちで2回もぎっくり腰の経験をしている私は1時間仕事をすると15分は横にならないといけない位でした。

あるとき、腰痛で針治療を受けていたときに、「針の先生から腰痛を根本的に直すには、いい椅子に変えた方がいいですよ。」と教えていただいたのがきっかけで椅子に興味を持ちはじめたんですよね。

でも、当時の私は、

「たかが椅子を買えたからって腰痛が治るなんてありえんでしょ。」

って感じだったんです。
でも、背に腹は代えられず・・・

腰痛を軽減する椅子探しの旅に出かけたのです。

アーロンチェアとの出会い

まっ、椅子探しに出かけたというのはネットサーフィンの事なんですけどね。

なんだかネットを調べていると、人間工学によって開発された椅子がいいとの事。調べていくとびっくりすることに、めちゃくちゃ高いんです。

「たかが椅子に10万円???」

「まじで!?20万円を超えるような椅子もあるじゃん」

「そんな椅子使うなんてどんな王族だよ。」

なんて、もうすでにこの時の私は半信半疑を通り超えて疑心暗鬼一直線でした。

アーロンチェアの第一印象は地に落ちていたのです。やっぱ、人間関係は第一印象によって決まると思うんですよね。
椅子も同じ!!
第一印象最悪な椅子と添い遂げるなんてこの時の私はまったく思いもよらなかったのです。

なんだか、恋愛小説みたいな書き方になっちゃいましたね(^o^)

椅子探しの旅路の中で・・・

いろんなサイトを回りながら、たくさんのまとめ記事を読みながら、私が感じた事は「なんだかアーロンチェアってすごそう」って事でした。

いろんなまとめ記事や、個人のブログの感想記事なんかも片っ端から読んでいったのですが、どこもかしこも「アーロンチェアは最強の椅子だ!20万円は安い。」

って事を謳っているんですよ。

最初はステマかななんて思っていたのですが、調べれば調べるほどステマの陰は薄くなっていったのです。

なんとワンピースの尾田栄一郎先生や、ジョジョの荒木飛呂彦先生も使っているらしく、メジャー感が私の心を捉え始めていたのです。

後から知ったのですが、アーロンチェアには前傾チルトといって前のめりで書いても腰に負担のかからない座り方の評価が高く、前かがみで仕事をするクリエイターの方には必需品の椅子なのだそうです。

知れば知るほどアーロンチェアのポテンシャルの高さに私の心は惹かれていきました。

それでも、障壁は高く

アーロンチェアに心が奪われていた私ですが、買ってから失敗したでは元も子もありません。
絶対に失敗はできない買い物だからこそ、慎重を期す必要がありました。

そのため、アーロンチェア以外の椅子も調べに調べ尽くしました。
どうやら、人間工学の椅子は日本のメーカーもいろいろと販売しているらしく、アーロンチェアに比べて安いものもありました。

また、ゲーミングチェアというのは数万円で買えるにも拘わらずとっても評判のいい椅子が多かったのです。
アーロンチェアの唯一の欠点とも言える部分はヘッドレストがない事なのですが、ゲーミングチェアには必ずヘッドレストが標準装備されていたのです。

こんな感じのやつですね。
首元まで椅子があるため、首の疲れがないのがゲーミングチェアの特徴です。これで1万5000円くらいなのですから、そうとう悩みました。

また、安くても評価がいいんですよ。
このゲーミングチェアというのは。日に何時間とオンラインゲームをしていても、疲れないように配慮して作られた椅子ですから、そりゃゲーマーからの評価も高いのもうなずけます。

けれども、アーロンチェアのレビューを見ると、ヘッドレストがなくてもまったく支障を来さないという声が多かったので、「ヘッドレストはなくてもいいかな?」と感じてきました。

けれども、価格の差はあきらかに私の心を変化させるのに十分な差でした。

アーロンチェアに寄せられていた私の心をゲーミングチェアが横から奪っていくのが感じられました。

アーロンチェアの良心的な保証期間

ゲーミングチェアに心が揺らぎ始めていたときに・・・

1万5000円対20万円の戦いです。
もはや、ゲーミングチェアにしようかと傾いていた時にアーロンチェアの保証期間の長さが目に入ってきました。

12年間!?

12年間保証がついているんです。これを年間で割ると、1万6666円!?

ゲーミングチェアがいくら素材がよくても、やはり価格の安さによる壊れやすさのレビューなども多かったのです。

一方、アーロンチェアのレビューはいいものばかり。

安い椅子を買うのか?評判も価格も高い椅子を買うのか?

と迷っていた時に12年間の保証は私の背中を後押ししてくれました。
どうせ買うなら、生涯使える椅子を買おう!

アーロンチェアに心が再び戻ってきた時でした。

再び心が揺さぶられるライバルチェアの出現

これでアーロンチェアに決定しようかと思っていた時に私の目に飛び込んできたのは、「ハーマンミラー エンボディチェア」でした。

この独特なフォームが特徴的なこの椅子はアーロンチェアの設計者である人間工学の専門家である故ビル・スタンフさんの遺作となっている椅子になります。

アーロンチェアが前傾姿勢に特化している椅子に対して、エンボディチェアは後傾姿勢に特化している椅子だという事です。

日本では姿勢を正して椅子に座るイメージがありますよね。
一方、海外では後傾姿勢で背もたれにゆったりもたれかかりながら仕事をする方が一般的らしいんです。

下記の画像をご覧下さい。

この画像は腰に負担のかからない立っている時の腰への負荷度を100%とした時に、座っている椅子の角度における負荷度を数値化したものです。

110度の角度の時がもっとも負荷が低く、立っている時とほとんど変わらないのに対して、前傾姿勢の80度の時は立っている時の2倍近くの負荷がかかるという数値が出ています。

アーロンチェアの前傾姿勢は85度ほどなので、かかる負荷は140%~190%の間くらいでしょう。

どうやら、もっとも負荷がかからないのは後傾姿勢だというのは間違いなさそうです。

アーロンチェアVSエンボディチェア

私の場合は、デスクワークが中心で、前傾姿勢になる事はほとんどないため、「後傾姿勢に特化した エンボディチェアの方がいいのかな?」と感じ始めていました。

しかし、アーロンチェアを調べていくと、前傾姿勢も後傾姿勢も装備されているため、アーロンチェアだからといって後傾姿勢ができないという事はありませんでした。

エンボディチェアは後傾姿勢と後傾姿勢の座り心地に特化していて、アーロンチェアは前傾姿勢も後傾姿勢もできる上に、丈夫だというメリットが浮かび上がってきました。

アーロンチェアはそのフォームをほとんど維持したまま20年以上にわたり高い評価を一点に集め続けている奇跡の椅子だという事です。
その最大の特徴が座り心地と頑丈さです。

アーロンチェアは12年の保証がついているにも拘わらず、ほとんど壊れる事がないため、20年以上にわたりひとつのアーロンチェアを使い続けている人は少なくありません。

一方、 エンボディチェアの場合は、後傾姿勢の心地よさが最大の特徴ではあるのですが、その心地よさを最大にするために椅子の設計をものすごく複雑化してしまっているため、壊れやすいというレビューが多かったのです。

下記の画像をご覧下さい。

このような複雑な構造のためデリケートに扱わないと壊れやすいというデメリットも存在するのです。

デリケートに椅子を使い続ける事はできないと判断したため、私はアーロンチェアの購入を決定しました。

あの大塚家具に試乗しに

アーロンチェアを買うぞと決意はしましたが、試乗せずにアーロンチェアを即決即断できるほど私は豪気ではありません。

絶対に試乗する必要があるなと判断し、試乗先を調べました。
試乗先は都内が多く、中でも新宿の大塚家具はかなりオススメだとネットで出ていたため、アーロンチェアを買おうと決意したその時に大塚家具へと試乗しに行ったのです。

大塚家具に入ってアーロンチェアを試乗するために、店員さんに声をかけました。
「腰痛持ちのため、1時間くらい座って判断させてもらえませんか?」と。

事情を了承してくれた店員さんに感謝しつつ、そこから1時間ずっとアーロンチェアに試乗し続けていました。
周りのお客さんたちからしたら「なんだあの人」と奇異な目で見られていたのは間違いないでしょう(笑)

十分試乗したのちに、安く買えるネットショップで買うつもりだったのですが、大塚家具の店員さんから値段を聞いた時にびっくら仰天。

代替ネットで購入しようとすると税込みで21万くらいするアーロンチェアが税込み18万ほど。

えええ3万も安いんすかーーー!?

これにはさすがびびりました。

だってあの大塚家具ですよ。大塚家具で家具を購入するなんてありえないと思っていたのに・・・

大塚家具の店員さん曰くアーロンチェアに関しては大塚家具が断然安いそうです。これはお得な情報でした。

大塚家具に試乗しに来てよかったー!

でも、心配なのは保証。だってあの大塚家具ですよ。
もしかしたら・・・最悪な事態も起こりえるかも・・・

とどうしようかなと迷っていた時に、店員さんから発せられた一言は、

「万が一うちの会社が倒産しても保証は大丈夫ですよ。ご安心下さい。」

との一言でした。「この人はエスパーかな?」と思ったびっくりしていたら、店員さんがどや顔で「大塚家具の経営状態が心配な人が多くてよく聞かれるんですよー」との事でした。

「どや顔でいう事かなー?」

と思いつつも、もはや私の決断に歯止めは聞きませんでした。

買います!

そりゃ即決即断ですよ。
大塚家具さんありがとー。
なんだか、あの大塚家具を好きになっちゃいました。人間って現金ですよね(^^)

アーロンチェア体験記

アーロンチェアが届いてからというもの、毎日14時間ほど椅子に座り仕事をしています。

最初の頃は腰の痛みが引きませんでした。
おそらく、アーロンチェアのポスチャーフィットに腰を押し出されるのになれていなかったのでしょう。

ポスチャーフィットとは、腰の骨盤をクイって前に押し出してくれる機能なんです。骨盤を前に押し出す事によって、骨盤を椅子に対して立てる事ができるようになり、結果として腰への負担が減っていくそうです。

ぎっくり腰2度の経験と、今まで腰をまげながらPCに向かい続けていたため、腰の筋肉が変な姿勢を覚えてしまっていたからかも知れません。

でも腰の痛みはありながらも、ずっと椅子に座り続ける事ができたのはアーロンチェアの機能性のおかげでしょう。

3ヶ月も過ぎた頃から腰の痛みはほとんどなくなり、快適にデスクワークができるようになりました。
今になってボスチャーフィットの恩恵を大きく受けています。

骨盤を立てるになれたおかげで、デスクワーク中に腰が痛くなる事はほとんどなくなりました。
また、ぶっ続けでデスクワークしてもまったく腰が痛くないのです。

私の場合は、アーロンチェアの前傾姿勢は使っていません。
主に103度くらいの角度で使用していますが、この角度でも腰に負担はまったくかからずにデスクワークに集中できています。

また、ヘッドレストがなくても首に負担は感じられません。
ヘッドレストがない事でぼけーっとリクライニングばかりしなくて済んでいるため、結果良好でしょう。

まとめ デスクワークする人は20万払っても損はなし

私がアーロンチェアを使って感じた事は、「学生時代から購入しとけばよかった」という事です。

デスクワークは腰痛が当然と思っていた私ですが、その考え方を根本から変えてくれました。

「どうせアーロンチェアのステマでしょ?」なんて思われてはアーロンチェアの良さを伝えられないなと思い、いっさいアーロンチェアのリンクなどは張っていません。

いいものはいい。これを伝えたいんです。アーロンチェアはとてもいい椅子です。

アーロンチェアの座り心地もとてもよく、アーロンチェアの大きな特徴のペリクルという独特の素材で包み込んでくれます。
自分の身体の特性に合わせて、サポートしてくれるため、とても快適に仕事ができます。

張りがある素材のため、100%リクライニングで使いたいという方はエンボディチェアの方がオススメだとは思いますが、バリバリとデスクワークしたいという方に対してはこれほどぴったりな素材はないでしょう。

いい意味で身体の緊張感を維持してくれながらもサポートしてくれるペリクルなくしてアーロンチェアは語れないでしょう。

アーロンチェア愛が強すぎて、この記事を書きましたが、まだまだ伝え切れていない事でいっぱいです。
興味を持たれた方はぜひ大塚家具で試乗されて見て下さいね。

アーロンチェアを購入すれば、あなたのデスクワークが新たな領域に進化していく事でしょう。
20万円というお金は投資と考えればめちゃくちゃ安い買い物でした。

うーん。快適。

投稿者プロフィール

自分ブランド創造コーチ 坪井一真
自分ブランド創造コーチ 坪井一真
僕はコーチとして起業した当初は貯蓄を切り崩すばかりで、まったく食べていく事が出来ませんでした。

コーチだけでは食べて行けずに、アルバイトと両立もしたのですが、月収10万円を稼ぐのもやっとだったのです。

そんな藁をもすがる思いの時にネットビジネスに出会ったことで、僕はの人生は大きく変わっていきました。

そこからの僕はビジネスの仕組み化を構築し、自らのメディアを大きくしていく事でコーチとしてのビジネスが軌道に乗っていったのです。

TSUBOLOGでは人生どん底だった僕がどのように「ネットビジネスを成功させていったか?」の全てをお伝えさせて頂きますね。

【保有資格・実績一覧】

国際コーチ連盟認定コーチ Professional Certified Coach(PCC)
米国CTI認定コーチ Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
累計7000名以上が受講した潜在能力覚醒プログラムの開発
累計600万人以上のコーチング専門サイトの開発・運営
コーチとしての著書4冊出版
アーロンチェアがすごすぎるーーーっ!!ぎっくり腰経験2回の爆弾腰の私が1日14時間デスクワークができる理由

【マインド・コーチングの教科書】

期間限定公開

周囲や社会の目が気になり

いつからか、いつわりの自分を演じ続けるようになってしまったあなたへ

 

きずついた心を癒し、かがやきに満ちた

『ほんとうのあなたを取り戻す』方法に

興味はありませんか?

 

心も身体もエネルギーで満たされて、

あなた本来の魅力を発揮する

『マインド・コーチング』を本邦初公開

 

ありのままのあなたを解放し、本来の魅力を発揮する

『マインド・コーチングの教科書』

無料ビデオプログラム



メールアドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です