【TSUBOLOG】中の人紹介

ビジョンクリエイター坪井一真。ドラゴンボールの最長老のような仕事を主軸としている。ブログを書く事と瞑想が何よりの趣味。最近、演劇にも興味を持ち始める。2016年9月26日より禁酒継続中。愛読書「ハンター×ハンター」座右の銘「大切なものは、欲しいものより先に来た」

なまけものでも寝ながら目標を達成出来てしまう6つの方法

本日より「つぼろぐ」をスタートします。ということで、ちょこっと自己紹介を。僕は人の可能性を伸ばすコーチという職業をしています。名前は坪井一真。そう。「つぼろぐ」とはコーチとしての僕のブログと言う事です。今までもブログは書いていたのですがどちらかというと自分を前面に押し出してはいませんでした。最近はだんだん書くのが億劫になって来ていて・・・

それがこのブログ。ビジョナリーマインド

我ながらよく書いてきたなーと思うんですけどね。最近、気づいてしまったんです。この書き方だったら中の人誰でもいいんじゃね?と。

コーチというのは自分の人間力で勝負していく側面もあります。でも、今までのブログは僕が前面に出るというよりも黒子に徹し続けていたんですよね。で、だんだん飽きが来てしまったと。。。

だったら、自分が楽しめる形で再度ブログを作っちゃえばいいじゃんって気が付いたのがつい最近。思い立ったが吉日と言うやつで「つぼろぐ」をスタートさせちゃいました。

とはいえ、他人の日記を見させられるほどクソつまらないことはないというのが僕の心情。だったら、クソを垂れ流すようなブログではなく、すべての記事において読者の方の学びにつながる記事にして行きたいなと思ってます。

例え、「ラーメン食べに行ったなう」のような内容でもきちんと着地点はコーチングやコミュニケーションにつなげた形でしめて行きたいなと思う分けです。

ということで、今回のテーマは目標達成方法というコーチングどんぴしゃなテーマからスタートしていっちゃいますね。

Ⅰ.目標達成するには?努力根性論!

もしかしたら、あなたは努力とか根性とかそういう少年漫画チックな答えにたどり着いてしまいませんでしたか?もちろん、努力とか根性大いに結構。でも、目標達成するのに毎回努力や根性で乗り切れる人ってどのくらいいるでしょうか?

ちなみに僕は楽しくなければ生きてる意味がないという価値観なので、そんな堅苦しい言葉で自分を縛られるのは吐き気がしちゃいます。もし、もしもですよ。努力や根性を必要としないで目標を達成できた方が、努力や根性で目標達成するよりも楽だと思いませんか?

実はもっと簡単な方法が・・・

目標達成と言うと多くの人は大きな目標を掲げて、努力とか根性でそこに向かって行こうとしてしまうんですよね。山のふもとにいるのに頂上しか見ていないようなものです。

それだと、山の高さを体感するたびに理想と現実の差を突きつけられ心に負荷がかかってしまうと思いませんか?

いやいや、大きな目標を持つのはいいんですよ。でも、いきなり大きな目標を達成しようとしても困難。

だったらどうするか?僕がコーチングでよく提案するのがベイビーステップ。ちいさな一歩を踏み出すかかわりをするんですよね。

まずは、小さな一歩を踏み出して行きませんか?という所から始めて行きます。

小さいことなんかやっても意味あるの?

コーチングをしている時もよく聞かれます。小さな事をやっても意味があるんですか?って。大きな事を成し遂げるのにコーチをつけたのにって気持ちになってしまうんですよね。そういった場合、小さな事をやることの意味をしっかりとお伝えして行きます。下記の引用をご覧ください。

ハーバード・ビジネス・レビューの有名な記事「モチベーションとは何か」のなかで、心理学者のフレデリック・ハーズバーグは人の意欲を高める2つの主要因が「達成」「達成が認められること」であると説いた。

もっと最近の研究ではテレサ・アマビルとスティーブン・クレイマーが数百人の数千日間にわたる日記を分析したものがある。人の本音が書かれた膨大な記録をもおとに、アマビルとクレイマーは「日々のささやかな進歩」こそがやる気を引き出し、高いパフォーマンスを可能にすると結論付けた。

「職場において感情・モチベーション・認知を高める諸要素のなかで、もっとも重要なのは、進歩しているという手ごたえである」と彼らは言う。

エッセンシャル思考より引用

僕らコーチはクライアントの方のやる気を引き出し、ポテンシャルを高める事が仕事のひとつです。だから、クライアントの方にとって意味のない事は決してしません。特にコーチングの初めの頃は、このようなささやかな進歩を感じてもらう事が思いのほか重要なんです。

ビジョンクリエイター坪井一真の体験

僕は努力、根性論なしで小さく継続する事で達成して来た目標はかなりの数あります。しかも、小さなことをコツコツと行うだけなので、疲労感もありませんし、途中であきらめてしまうこともないので精神的にも楽なんです。

一例として、

  • ダイエット
  • 禁酒
  • ブログ
  • 筋トレ
  • 瞑想
  • 読書
  • 勉強
  • 仕事
  • 資格取得

上げればきりがないですね。でも、ここら辺って多くの人が挑戦するけれども続かないって思われているような部分ですよね。

でも、僕は努力も根性もなしで習慣化出来てしまうので苦はありません。

Ⅱ.目標達成の簡単な5つのコツ

ここまでご大層に書いてきましたが、実際はコツなんてちょ~う簡単♪だって、簡単じゃなければ長続きしませんもん。なんか、簡単に出来てしまったら「努力もしないで」とか「もっと真剣にやったほうがいい」とかいう自分の価値観でしか物事を判断できない残念な人もいますが、あなたなら同じ成果を出すならどっちの方がいいですか?

簡単な方法or難しい方法?

ということで、難しい方法で努力をして成果をつかみ取りたいという方はここから先を見てしまうと、マリアナ海溝の底くらい深く後悔してしまう事間違いありません。ブログを閉じてしまいましょう。

簡単な方法でも成果出せば同じじゃ~ん。むしろ簡単な方が断然いいよという方はどうぞこの先をご覧下さいね。

1.宣言

コーチングって実は質問とか問題解決ばかりに焦点をあてられていますが、重要度の7割方はクライアントの人がコーチに対して行う宣言にあると言えます。

「かずさ~ん。次のコーチングまでにこれをやって来ます。」

この宣言が実は何よりも強い決意に対しての拘束力があるんです。

自分を堕落の道へ追いやる弱い理性なんてこんな感じで拘束されてしまうのですから。

僕ら人間は人に宣言しちゃったら、やんなきゃ。守らなきゃって気持ちが働いてしまうんですよね。これは一貫性の法則と言って宣言してしまうと、その一貫性を破る人間には見られたくないという意識が無意識的に働くんですよね。

では、コーチをつけていない人はどうするか?ですが、あなたはどう思います?ちょっと考えて見ませんか?

そう。コーチじゃなくて、今の時代SNSでもラインでも宣言する人や場所なんてたっぷりあります。

こんな感じでSNSを使うといいもんですよ。

2.欲張らないこと

僕の場合、どれも習慣化するまではめちゃくちゃ簡単な事に絞ってしまいます。逆に、あれもこれもと手を広げる人でうまくいくといった話はてんで聞いたことがありません。

例えば、ダイエットするのに、毎日体重計に乗って、炭水化物を抜いて、1駅は必ず歩くようにして、階段は上るようにして、間食は抜いて、甘いものは食べないで、野菜をいっぱいとるようにして、夜20時以降は食べないようにする。

こんな計画を立てている人は、いってる時点で目標達成できないだろうなって思っちゃいますしね。

意気込みは良し。でも、これってマラソンを行ったことがない人がいきなりフルマラソンを走るようなものなんです。常識的に考えて、無理ですよね?

3.15分以内で行える事

これもめっちゃ大切。目標を達成できない多くの人は最初からものすごく高くハードルを設定してしまうんですね。2.欲張らない事で書いたように量もそう。そして、ここで説明するように時間もそう。

最初から筋トレ2時間とか無理ですぜ。旦那と言いたい。さけびたい。

プロのモチベーションアッパーとして声を大にして言いたいですね。最初は物足りないくらいがちょうどいいんです。なぜって?それは僕のコーチとしての経験からも統計上しっかり優位性が取れているからです。

15分以内なんて物足りないかもしれません。特に「目標を達成するぞ~!うお~!!!」なんて時に人は無謀な挑戦をしてしまうものです。ランナーズハイというか、もくひょーずハイって感じですね。ゴロわるっ(笑)

ということで、大事な事なのでもう一回言いますね。15分以内で行える事に絞る。これ大事です。

4.毎日出来る事

目標達成筋は使えば使う程大きく逞しくなります。なので、目標達成筋が弱いうちは少しづつでも毎日出来ることをコツコツと繰り返して行く事が効果的です。

ダイエットだったら毎朝起きたら体重計に乗るとか、筋トレだったら毎日腹筋30回とかで十分です。こんなことで結果は出ないと思われるかもしれませんが、目標達成筋を鍛えるトレーニングだと思ってやり続けてみて下さい。

次第に出来る事はどんどん増えて行くことでしょう。

5.一点集中

僕の場合、ダイエットならまず簡単でやりやすい所から攻めて来ます。20時以降ご飯を食べない。この一点のみを集中して取り組みます。僕が3年前半年で13キロ落としたのはまさにこのやり方によるところが大きかったです。

食事制限もしないですし、感触もOK。食べたいものを食べ、運動もしていませんでした。はたから見たら「こいつダイエットやる気ねぇだろ」ってレベルだったことは間違いありません。

でもですね。どんなことがあっても20時以降はご飯を食べなかったんですよね。このひとつだけだから苦も無く守れるわけです。

下記の記事では僕のダイエット方法について詳しく書かせて頂きました。よろしければご覧下さい。

とにかく痩せたい人必見5か月で13キロ減私の潜在意識活用法
潜在意識を効率的に利用して、苦労を一切せずにダイエットした方法を記しました。ダイエットは潜在意識を利用することで信じられないほど簡単に出来るものです。よろしければご覧ください。

6.習慣化してからプラスする

で、1か月もしてくるとこの20時以降は食べないが習慣化しているわけだから、別の方法をプラスして行くんですよね。

次は30回咀嚼してから飲み込むとかだったと思います。こんな感じでひとつひとつ時間を割いて習慣化していくと、自然と出来る用意なってくるんですね。逆に、習慣化したことをやらない方が気持ちが悪いみたいな感覚に陥って来るほどです。

そんな感じで徐々に積み重ねていくと、自然と出来ていることが増えてきてしまうんです。

習慣化について詳しくは下記の記事をご覧下さい。

習慣化を味方につけてあなたの能力がメキメキ高まる方法
このブログではレバレッジライフを実現していくということをテーマとしています。レバレッジの力を利用して生活をよりよく快適にしていきましょうということですね。本日のテーマは習慣化についてお話しして行きたいなと思います。あなたは習慣化という言葉について...

さいごに

よし。一気にここまで書き上げました。

ひとりのコーチ坪井一真として自分の言葉でブログを書くのは楽しいものですね。やっぱり、楽しい事をやり続けて行く方が自分らしい。

今回は僕のちょう得意分野の目標達成方法について書かせていただきました。

次回からもいろいろな企画を考えブログを運営して行きますね。もし、役に立ったとか面白かったとかありましたら、コメントにガンガン書き込みお願いします。

ブログは読まれていることが自覚できるとモチベーションアップにつながりますしね。これからも「つぼろぐ」よろしくお願いします。

本田圭佑やイチローも実践している夢ノートの作り方
あなたは子供の頃ドラえもんを見てああいう道具が欲しいなーと思った記憶はありませんか?おそらく同年代の子供はみんな夢や希望をもっていつか来る未来に夢をはせていたのだと思います。けれども、大人になるにつれ「ああいうのはアニメの世界だから」とか、「現実...

より効果的に目標を達成したい方は夢ノートを書くことをお勧めします。
ご興味のある方はお試しください。

投稿者プロフィール

ビジョンクリエイター 坪井一真
ビジョンクリエイター 坪井一真
シードコミュニケーションズ株式会社代表取締役社長。明海大学卒業後にIT企業で人事とマーケティングを経験。その後、1部上場企業の経営戦略室へ転職。独立後は投資家として活動。その後、独立。現在は未来創造コーチとして第一線で活躍中。
□米国CTI認定資格 Certified Professional Co-Active Coach(CPCC)
□国際コーチ連盟認定資格 Associate Certified Coach(ACC)
□その他 Co-Active Leadership Program修了

心から実現したい方向に向かって 自分の人生を『生ききる』ための 7日間の無料メールコーチング

  • メリット1 あなたの心が本当に求めているものに気づける
  • メリット2 行動を起こすかどうか、自分の判断基準を知れる
  • メリット3 恐れや苦しさと向き合う、大切な意味に気づける

7日間の無料メールコーチングではあなたが抱えている自己制限的な枠を取り払うきっかけを提供しております。

コーチ陣が投げかける問いを7日間真剣に考え続けることで、あなたは不安を乗り越えるすべを自らの中から見つけて行くことでしょう。

また、あなたが本当に情熱を注げる未来を見つけることが出来るかも
しれません。

経験豊富なプロのコーチ陣が真剣にあなたと向き合う贅沢な7日間

この機会に是非ともお試しいただければと幸いです。
あなたが幸せな人生を歩まれることをコーチ一同心より応援しております。

ご登録はこちらからお願いします↓

*メールアドレス

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です